1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > IT・情報通信業
  5.  > 東京商工リサーチ(4)

東京商工リサーチのニュース(ページ 4)一覧

与信サービス業のリンクモンスターが「企業の取引リスクに対する意識調査」の結果を発表。2018年度の倒産件数は「増大する」が36.6%で「減少する」12.9%を上回った。地域別では東北43.8%、北海道42.9%で高い。

東京商工リサーチの統計をみると倒産件数の長期推移は2008年以降リーマンショックからの回復過程で一貫して減少傾向で推移している。 02/16 12:43

東京商工リサーチは25日、2017年の全上場企業の「不適切な会計・経理の開示企業」調査結果をまとめた。 01/29 12:00

東京商工リサーチは19日、主な上場企業の「希望・早期退職者募集状況」の調査結果を発表したが、それによると、好景気で人手不足が深刻さを増す中で、希望・早期退職者を募った上場企業数が5年ぶりに前年を上回るという実態が浮き彫りされた。 01/22 06:55

M&A仲介の専門企業インテグループではホームページで、「当社は、完全成功報酬制を採用しております」と発信している。 01/11 18:31

東京商工リサーチの調査によると、2017年も医療、福祉事業と飲食業の倒産件数が増え続けており、2つの業界の厳しい事情が垣間見える結果となった。 01/08 11:38

2108年の“戌年”に関係する企業を探してみると、東証2部上場の「ブルドックソース」、1886年設立の「陶榮」、創業1300年を迎える「善吾楼」などがある。 01/02 11:08

(c) 123rf

東京商工リサーチの発表によると、今年11月の倒産件数が引き続き減少傾向にあることが分かった。 12/11 07:14

(c) 123rf

帝国データバンクと東京商工リサーチの調査により、不正検査が問題となった日産自動車の国内取引先が、業種や地域で多岐に渡ることが分かった。 10/24 21:53

国税庁は2016年分の所得分布統計を公表した。ここからさらに所得格差が拡大していることが読み取れる。また、所得格差は地域格差にもなっており、グローバル化の中で東京都心部と地方との格差も拡大しているようだ。

国税庁が9月に公表した「民間給与実態統計調査 平成28年分」によれば、給与所得者数は4,869 万人で前年に比べ75万人の増加、1.6%の増加となった。 10/08 20:33

東京商工リサーチによると、2016年度決算(2016年4月期~2017年3月期)の上場企業3,062社の外国法人等株式保有比率は11.4%だった。 07/31 11:24

東京商工リサーチによると、国内銀行92行の2017年3月期の平均年間給与(基本給与+賞与・基準外賃金)は615万2,000円(中央値620万5,000円)だった。 07/24 10:58

6月26日、タカタが民事再生法の適用を申請し、国内自動車メーカーが相次いで適示開示している。 07/01 11:22

東芝グループと取引(仕入・販売)実績のある国内企業は、2015年3月期で延べ1万6,709社あったが、2年後の2017年3月期は同1万4,640社(2015年3月期比12.3%減)に減少している

東京商工リサーチによると、経営再建中の東芝の国内取引先、出資先が、海外子会社での巨額損失発覚後の2年間で約1割減少していることがわかった。 06/24 13:51

東京商工リサーチによると、2017年4月に賃上げを実施した企業は約8割(構成比82.6%)にのぼった。 06/18 20:14

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告