1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > お金・マネー
  5.  > 年金(3)

年金のニュース(ページ 3)一覧

厚生労働省はパート労働者の厚生年金加入を推進するため月収要件を現状の8万8千円以上から6万8千円以上に緩和する検討を始めた

厚生労働省はパート労働者の厚生年金加入を推進するため月収要件を現状の8万8千円以上から6万8千円以上に緩和する検討を始めた。 09/05 12:45

アクサ生命保険が「人生100年時代に関する意識調査」を実施。「100歳まで生きたいと思わない」と答えた者は78.8%。その理由は「身体能力」「収入の減少」「年金制度」に対する不安が81.6%。

人生100年の時代と言われるようになった。 07/30 09:39

5日、内閣府が「政策課題分析シリーズ16:60代の労働供給はどのように決まるのか?」を公表。60代前半のフルタイム就業比率は上昇傾向。60代後半で徐々に労働時間を減らし就業状態を変えて行く。

総務省の2017年9月時点での推計によれば総人口に占める高齢者、つまり65歳以上の人口の割合は27.7%と過去最高を記録した。 07/17 10:09

スパークス・アセット・マネジメントは、全国の20歳~59歳のビジネスパーソンを対象に、『ビジネスパーソンの「マネ活」に関する調査』をインターネットリサーチにより実施し、1,000名の有効サンプルを集計した。

スパークス・アセット・マネジメントは、2018年6月6日~6月7日の2日間、全国の20歳~59歳のビジネスパーソンを対象に、『ビジネスパーソンの「マネ活」に関する調査』をインターネットリサーチにより実施し、1,000名の有効サンプルを集計した。 07/13 20:56

政府は6月15日、2018年の経済財政運営の基本方針を決めた。多くの企業が70歳定年制を採用することになれば、人材不足の解消のみならず、技能の継承などのメリットもある。

政府は6月15日、2018年の経済財政運営の基本方針を決めた。 06/27 11:01

先日「日本年金機構から入力業務を委託されていた業者、契約で禁止されていたにも関わらず中国の業者に再委託」という話題があったが、この業者がスキャナーとOCRを使ってデータ入力を行っていたことが話題になっている。 03/28 14:35

加藤勝信厚労大臣は年金受給開始年齢を65歳から変える考えは、今はないと強調した

加藤勝信厚労大臣は年金受給開始年齢に引き上げについて「65歳でもらえるというそのものの時期をずらすという話については、今は、全く考えておりません」と語り、年金受給開始年齢を65歳から変える考えは、今はないと強調した。 02/20 11:59

トンチン年金とは周知の通り、17世紀のイタリアの銀行家:ロレンツォ・トンテイ氏が考案した仕組み。 01/09 11:52

政府・与党は6日、これまで給与所得控除の見直しで増税となる会社員の年収を800万円~900万円で検討していたが、年収800万円を超える会社員を増税することで合意した。 12/08 16:28

老齢年金の金額を「不十分」(92.1%)と感じている人は9割を超え、追加で希望する支給額は「100万円」が最多となるなど、老後資金の不足に焦りや不安を感じる人が増加している。

政府が「1億総活躍」のスローガンを掲げ、高齢者と女性への労働促進、社会保障の支え手に回ってもらうためのさまざまな政策を進めるなか、高齢者には生涯現役が求められ始めている。 12/07 17:10

政府が検討している2018年度税制改正における所得税改革案の全容が明らかになった。 12/01 07:27

年金等、社会保障制度の外に置かれた非正雇用の低賃金労働者が増加している。彼らの中には年金の滞納に至るケースも目立つ。このまま行けば将来、無年金によって老後破綻する者が急増し、生活保護費の膨張で社会保障費をさらに圧迫する恐れも。

低賃金の非正規雇用の労働者、いわゆるワーキングプアが増大し、それにともない国民年金保険料の未納者も増加している。 11/10 19:46

統計はない。だが定年を間近に控えた人々の多くが「老後は仮に要支援・要介護状態になっても施設や病院でなく、住み慣れた自宅で送りたい」と言う。 10/26 15:47

新たにGPIFの経営委員長に就任した平野英治氏は情報公開の取り組みを強化する考えを示し「運用の考え方や実態を国民に分かりやすく説明していく」と述べた。

10月1日より公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)に経営委員会が設置された。 10/11 07:43

前へ戻る   1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告