1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 社会
  5.  > 過疎(1)

過疎のニュース一覧

画像はイメージです。

コロナ禍による影響は多くの企業に広がっているが、不動産投資も例外ではない。 05/14 16:52

羽咋市で災害発生を起因とする停電が発生した際、市が指定する避難所等にEV「日産リーフ」を配備し、電力供給体制を構築する

石川県羽咋市(はくい・し)と日産自動車および日産の販社である石川日産自動車販売は、電気自動車を活用した「災害連携協定」を締結したと発表した。 01/04 19:23

日本において電動キックボードは原動付自転車として区分されており、保安基準や各種規制に適合する必要があるほか、運転者に対しては免許の取得や保険への加入、登録などが義務付けられている。 10/23 17:57

フジの移動販売車「おまかせくん」(フジ発表資料より)

四国を拠点とするスーパーのフジは、広島県で移動販売「おまかせくん」の拡大を決め、10月3日から広島県東広島市7カ所の巡回を始める。 09/28 10:30

日本マイクロソフト(東京都港区)は27日、革新的なモビリティサービスの実現を目指し、AI(人工知能)やIoTを活用したMaaS支援策をスタートさせることを発表した。 08/30 15:45

(c) 123rf

ガソリンスタンドが急速に数を減らしている。 06/24 07:28

国土交通省がMaaSなどの新たなモビリティサービスの推進を支援する「新モビリティサービス推進事業」について選定した「先行モデル事業」19事業

国土交通省は、MaaSなどの新たなモビリティサービスの推進を支援する「新モビリティサービス推進事業」について、有識者委員会の審議を経て、公募51事業から事業の熟度が高く、全国の牽引役となる先駆的な取り組みを行う「先行モデル事業」19事業を選定した。 06/23 18:18

医療機関の在り様が問われている。 06/09 20:20

日産のEV、リーフとカナディアン・ソーラーの次世代エネルギー蓄電パッケージを組み合わせた新たなソリューション「SOLIEV RIDE」の導入イメージ

日産自動車と住宅・産業向け太陽光発電システムを販売するメーカーのカナディアン・ソーラー・ジャパンは、電気自動車「日産リーフ」と太陽光発電商品による新たな協業を行なうことで合意したと発表。 06/05 12:15

ピスセミコンダクタが開発した「土壌センサユニット」。 直接土の中に埋め込むことで土壌環境指標をリアルタイムで測定し、作業の効率化や生産性に貢献する

「地方創生」という言葉が使われるようになって久しい。 04/07 18:13

東京商工リサーチは8日、2018年のガソリンスタンド倒産状況を発表した。 02/12 21:54

自動走行車両運行支援の実証実験イメージ(画像:発表資料より)

沖電気工業(東京都港区、以下OKI)と関西電力(大阪市北区)、日本総合研究所(東京都品川区)の3社は6日、屋外カメラ映像とAI(人工知能)による自動走行車の運転支援および地域の見守りに関する実証実験を、兵庫県神戸市北区において開始した。 02/08 09:48

次世代物流システム・サービス市場の推移。(国内市場と日系メーカーの海外実績の合計)(画像: 富士経済の発表資料より)

富士経済は28日、ドローンや宅配ボックスを活用した次世代物流システム・物流サービス市場の調査結果を発表した。 02/01 09:37

移動販売車。(画像:ローソン発表資料より)

あまり知られていないかもしれないが、ローソンは2012年から、今日に至るまで33の都道府県で118台の車両を展開し移動販売を行っている。 01/23 18:19

 1 2 3 4  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • ローマン宇宙望遠鏡のイメージ。(c) NASA
  • (画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 木星のガリレオ衛星と地球の大きさの比較。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告