1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 社会
  5.  > 過疎(3)

過疎のニュース(ページ 3)一覧

画像はイメージです。

北海道の高橋はるみ知事は、26日に行われた道議会の答弁で、過疎地などの患者を都市部や首都圏の病院に搬送する、国内初となる医療用ジェット機「メディカルウィング」を、7月末から運用開始すると表明した。 06/28 07:13

政府は第4次産業革命における変革のコア技術としてIoT、ビッグデータ、AI、ロボット・センサーに重点を置いており、また、経済の成長ドライバーの一つとなる医療・介護・健康関連産業の育成を図る方針を打ち出している。 06/24 13:48

『 サクラクエスト 』一筋縄ではいかない(?)今からでもまだ気付ける!作品の魅力に迫る【2017年春季TVアニメ】©2017 サクラクエスト製作委員会

2017年春季アニメもいよいよ中間地点。 06/02 16:21

民進党の馬淵澄夫選対委員長は19日、衆院選挙区画定審議会(区割り審)が6県で定数1減、19都道府県97選挙区で区割り変更を示したことに「広大な選挙区が増えたが、こうした地域では過疎化の問題がある」とし「地方切り捨てではないかと問われることにもなる」と課題をあげた。 04/21 07:32

大前研一「イタリア式世界への開き方。デザイン・産地を守ること」

【連載第6回】鞄や家具などのものづくり、ファッションやオペラなどの文化。 03/23 21:10

高市早苗総務大臣は14日の記者会見で、ふるさと納税の返礼品などで、コストが高くつくなどすれば結果的に本来の趣旨である地域住民サービスのために十分に活用できないなどの課題があるとして「あらゆる課題を洗い出し、適宜、有識者の方々や地方公共団体の実務者などの意見も参考に、課題がどこにあり、どのように改善できるのか検討していく」とした。 02/15 17:54

過疎地域への定住推進策として活用されている、総務省の「地域おこし協力隊」制度。過疎地の自治体が都市部から若者を受け入れ、地域活動を1~3年間行なってもらい、その後の定住を促すという制度だ

過疎地域への定住推進策として活用されている、総務省の「地域おこし協力隊」制度。 02/05 10:17

金融庁は、銀行法を改正することにより銀行の営業時間を実質自由化することを発表した。特に過疎地域店舗での営業時間短縮がかなうこととなれば、店舗の統廃合をまぬがれるという可能性が高い。この施策が利用者にとってのメリットを増やすのか動向が注目される。

現在の銀行は、銀行法により、午前9時から午後3時までは必ず営業しないといけないということが定められている。 09/07 08:34

空き家問題が顕在化している。管理がなされていないまま不法侵入や放火の原因になることもあれば、周囲の景観も著しく悪化させる

空き家問題が顕在化している。 12/29 14:04

現在、過疎化・高齢化の進行により小売店や施設の閉鎖、路線バスなど地域交通機関の廃止・縮小が進む地域が増えている。 08/10 11:00

前へ戻る   1 2 3

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告