1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > 研究・開発
  5.  > 海洋研究開発機構(1)

海洋研究開発機構のニュース一覧

南太平洋環流域の海底から採集された堆積物で微生物の培養に成功(写真:海洋研究開発機構の発表資料より)

地球の表面積の約7割を占める海洋。 08/03 07:29

南鳥島周辺の水深6000メートルの海底には、レアアースを豊富に含む「レアアース泥」が存在していることが分かっており、産業技術総合研究所や海洋研究開発機構などが自律型無人潜水艦を使った調査を進める方針だ。 06/22 17:58

地球に水が誕生する3つの過程(写真:北海道大学の発表資料より)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)によるはやぶさ2が、小惑星リュウグウからサンプルを持ち帰る目的のひとつとして、地球上の生物の起源を探ることがある。 05/15 17:35

今回の研究の概要(画像: 筑波大学の発表資料より)

今からおよそ6600万年前の白亜紀の終わりに地球に小惑星が衝突し、恐竜を含む地球上の75%にも及ぶ生命種の絶滅をもたらした。 02/20 07:17

豪雪のメカニズム(写真:東北大学の発表資料より)

地球温暖化による気候変動が懸念されている。 12/20 15:07

箱型に成形した隕石試料のX線CT(8 keV)による断面像。白色の点線で囲まれた部分に、黒色の空隙が多く含まれており、もともとあった氷が抜けてできた空間と考えられる。(c) Megumi Matsumoto et al.

11月22日、東北大学、京都大学、立命館大学、中国科学院、海洋研究開発機構、高輝度科学研究センター、ロンドン自然史博物館などで構成された共同研究チームにより、小惑星に存在したと考えられる氷が抜けてできたと推定される空間を、隕石中で多数発見したとの発表がなされた。 11/27 08:44

日本の排他的経済水域(左)と試料を採取した南鳥島周辺(右)の地図(写真:東工大の発表資料より)

再生可能エネルギー技術やエレクトロニクス、医療技術など幅広い産業分野で不可欠なレアアース(希土類)。 11/25 08:05

左:糖が検出されたマーチソン隕石。右:リボースの構造模型とマーチソン隕石。(Credit: Yoshihiro FURUKAWA)

生命の核として必要な糖の分子が、隕石から発見された。 11/20 21:32

研究で海水を採取した場所(地図中の星印)および亜寒帯の観測点KNOTにおける採水作業の様子。研究船から採水器を海中へ投入し、硝化が活発に起こっている水深100-200mの海水を採取した。(画像:東京工業大学発表資料より)

従来、海洋の酸性化は一酸化二窒素(N2O)の生成を弱めると考えられていた。 11/14 09:25

発見された火山の位置。(c)Elsevier Ltd.

南鳥島の南東およそ90キロメートルの海底でプチスポット火山が発見された。 11/13 16:58

研究で提案された「2階建て」の熱水鉱床の形成メカニズム。(画像:京都大学発表資料より)

いま、海底の金属資源が注目されている。 10/30 17:02

DNAやRNA等の核酸の最小単位であるヌクレオチド(左)と今回再現された核酸塩基6種(右)(写真:北海道大学の発表資料より)

地球上の生命の起源とも考えられる星間分子雲。 10/02 13:20

スケーリーフットの写真。左がKaireiフィールドで採取された硫化鉄を身にまとう個体。右がSolitaireフィールドで採取された硫化鉄をまとわない個体。(画像:海洋研究開発機構発表資料より)

スケーリーフットは深海熱水活動域固有種の、硫化鉄の鱗を持つ巻貝である。 09/11 12:36

絶滅危惧種認定されたスケーリーフット。(画像:JAMSTEC発表資料より)

インド洋の深海に暮らす奇妙な巻貝、スケーリーフット。 07/24 20:57

 1 2 3 4  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告