1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > インバウンド(1)

インバウンドのニュース一覧

小田急電鉄は、小田急沿線および小田急グループ施設への誘客やPRを目的とした観光プロモーションの業務委託事務所を新たに中国、台湾、ベトナム、インドネシアに設置、9月1日ら始動した。 09/02 10:24

(c) 123rf

7月の全国百貨店売上高が全店ベースで5,132億円にとどまったことが21日、日本百貨店協会のまとめで分かった。 08/22 08:16

「ハローキティぷち弁当」(写真:ローソンの発表資料より)

ローソンは14日より、2019年で誕生45周年を迎え、海外でも人気のハローキティとコラボした「ハローキティぷち弁当」を発売する。 08/10 10:51

衣料品や靴の小売り各社が7月の売上を発表し、多くの店舗で豪雨や台風により客足に影響があった一方、関東に店舗の多いジーンズメイトは既存店が堅調だったことが分かった。 08/03 19:19

画像はイメージです。

日本におけるキャッシュレス決済比率が低調なことについて、近年声高に語られている。 07/06 17:18

「ハローキティのおみそ汁」(写真:マルコメの発表資料より)

マルコメは25日、ハローキティと初コラボしたインバウンド向けの土産用新商品「ハローキティのおみそ汁」を発売した。 06/25 22:05

上野駅に設置されている「JR EAST Travel Service Center」。

JR東日本は、7月1日、浜松町駅に「JR EAST Travel Service Center(JR東日本訪日旅行センター)」を開設する。 06/20 09:09

サービスのイメージ。(画像:JTB発表資料より)

JTBのグループ企業であるJTBビジネスイノベーターズは、Fintechベンチャー企業であるアイ・ティ・リアライズ社と協業し、インバウンド(訪日外国人旅行者)向けのスマホ決済サービス「Japan Travel Pay」の実証実験を2018年8月から開始する。 06/13 19:24

インバウンドニュースサイト「訪日ラボ」が観光地やスポットの知名度について調査を実施。欧米では広島平和記念資料館を除き観光スポットで知名度が5%以下。観光地名、その魅力の認知を広める」ことが課題。

2017年における訪日外国人客の国別のシェアをみると中国、韓国、台湾、香港の東アジア4カ国・地域で全体の74%を占め、これに東南アジア10%を加えると84%がアジアからの訪日で、欧米は10%に過ぎない。 06/12 09:05

判で押したように「2020年の東京五輪・パラリンピック時、訪日観光客向けの宿泊施設は1万室不足する」と指摘され続けている。 06/11 17:10

2020年秋に開業する「モクシー大阪新梅田」 周辺エリアのさらなる賑わい創出が期待される

日本政府観光局の発表では、2017年の訪日外国人は2869万人。 06/10 21:38

東京商工リサーチの調査によると、シェアハウスの市場が拡大する中で、小規模資本の事業者や個人事業者が8割以上を占めていることが分った。 06/04 21:13

(c) 123rf

日本百貨店協会が23日発表した4月の全国百貨店売上高が、全店ベースで4,565億円に達した。 05/24 18:36

両社のロゴマーク。(画像: 発表資料より)

コンビニが何と、宿泊事業に進出?ということで話題を呼んでいる。 05/22 06:37

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告