細菌のニュース(ページ 3)一覧

今回の研究成果から予想されるモデル図(画像: 神戸大学の発表資料より)

神戸大学バイオシグナル総合研究センターは、アミノ酸代謝酵素の一つであるD-アミノ酸酸化酵素(DAO)が、活性酸素種(ROS)を発生させることによって、細胞の老化を促進させることを解明した。 01/24 11:45

使用済みのコーヒー(コーヒー粕)で、土壌を消毒する技術が農研機構によって開発された。 01/12 11:12

国際宇宙ステーションでは、数千もの微生物が生息するという。 (c) NASA/Roscosmos

生物が進化する原因の1つと考えられる突然変異。 01/10 08:52

タカサゴシロアリの腸内でキシラナーゼを生産する共生細菌(緑)の分布の様子。青い大きな塊は木片の自家蛍光。右上の差込み画像は、共生細菌の拡大蛍光顕微鏡画像。スケールバーは 10μm。(撮影:松浦優氏)

スピロヘータは梅毒の病原などとして知られるバクテリアである。 11/30 12:59

のどの乾燥対策としては、加湿器の利用やマスクの着用、のど飴の利用などで口腔内のうるおいを保つことが大切だ

寒さが増すとともに、気になってくるのがのどの乾燥だ。 11/18 11:19

スティーブンス工科大学のManu Mannoor教授が率いる研究チームが、光合成によって発電する細菌(シアノバクテリア)とキノコを組み合わせて発電するデバイスを作成した。 11/14 09:26

(上)研究の概念図(下)酵母の導入実験(イラスト:辻かおる、深見理、神崎裕一郎)。(画像:京都大学発表資料より)

京都大学の研究グループが、植物の雄花と雌花で花に棲む微生物群集が異なることを解明した。 09/20 11:30

最近では傷口を乾かさずに湿度を保った状態で自然治癒を促進する「湿潤療法」が広まり、湿潤療法のための家庭用衛生材料も登場している。 08/27 18:42

2018年上半期の日本列島は、大阪北部地震や西日本を中心とした集中豪雨被害など、度々大きな自然災害に見舞われた

2018年上半期の日本列島は、大阪北部地震や西日本を中心とした集中豪雨被害など、度々大きな自然災害に見舞われた。 08/26 13:11

ニューヨーク大学の微生物学者フィリップ・ティエルノ教授によれば、寝床のシーツは真菌と細菌の温床であり、7日に1度は交換するべきだという。 08/22 21:58

古代エジプト・メンフィスの遺跡から世界最古のチーズが発見されたそうだ。 08/20 13:51

ヤマモモの果実を食べる5月の屋久島のニホンザル。野生のニホンザルがどのような腸内細菌をもちいて、森の食べ物を消化しているのかを、本研究では明らかにした。(写真提供:早川卓志氏)

京都大学などの研究グループが、野生のニホンザルがどのような腸内細菌を持っているかを明らかにした。 07/24 22:02

今回作製したヒトインターフェロンβノックインニワトリ(写真:AIST発表資料より)

産業技術総合研究所(産総研)は9日、農業・食品産業技術総合研究機構(NARO)らと共同で、卵白に有用組換えタンパク質を大量に含む卵を産む遺伝子改変ニワトリを作製する技術を開発したと発表した。 07/11 12:00

ユーカリの樹の上で生活する野生のコアラ。全ゲノム配列が解読され、コアラのユニークな生態の遺伝基盤や、遺伝的多様性が明らかにされた。(写真提供:早川卓志)。(画像:京都大学発表資料より)

京都大学霊長類研究所ワイルドライフサイエンス(名古屋鉄道)寄附研究部門早川卓志特定助教の参加した、オーストラリア博物館が主導する「コアラゲノム・コンソーシアム」が、コアラの全ゲノム配列の解読に成功した。 07/08 21:35

前へ戻る   1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告