11月のマンション発売戸数、首都圏・近畿圏共に増も契約率は低迷

2018年12月18日 11:57

小

中

大

印刷

 不動産経済研究所の発表によると、11月は、首都圏・近畿圏ともに新規マンションの発売戸数が増加し、特に近畿圏では5年ぶりの大量発売戸数となったことが分かった。ただし、どちらも契約率が減少しており、在庫が増加している。

【こちらも】11月倒産件数は718件で3カ月ぶりに前年比プラス 東京商工リサーチ調査

■首都圏のマンション販売は戸数増も契約率減

 17日、不動産経済研究所が2018年11月の首都圏と近畿圏のマンション市場動向を発表した。首都圏のマンション新規発売戸数は前年同月比2.8%増の3,461戸。この内、契約戸数は1,866戸で月間契約率は53.9%となり、同14.0ポイント減だった。販売在庫数は6,749戸で、前月末から751戸増、前年11月末から509戸増となっている。

■価格は1戸当りも1平米当りも増加

 1戸当り価格は6,017万円で、前年同月比466万円(8.4%)増、1平米当り単価は89.7万円で、同6.2万円(7.4%)増。地域別の平均価格は、東京都区部が7,652万円、東京都下が5,428万円、神奈川県が5,322万円、埼玉県が4,001万円、千葉県が4,458万円となっている。

■5年ぶりの販売戸数

 近畿圏のマンション新規発売戸数は前年同月比63.4%増の2,585戸。2013年9月の3,671戸以来となる大量供給だ。この内、契約戸数は1,923戸で、契約率は74.4%となり、同3.3ポイント減。販売在庫数は2,648戸で、前月末から304戸増、前年11月末から298戸増となっている。

■価格は1戸当り減、1平米当り増

 1戸当り価格は3,485万円で、前年同月比124万円(3.4%)減、1平米当り単価は70.7万円で、同11.1万円(18.6%)増。地域別の平均価格は、大阪市部が3,016万円、大阪府下が4,261万円、神戸市部が4,622万円、兵庫県下が4,250万円、京都市部が5,180万円、奈良県が3,772万円、滋賀県が4,026万円、和歌山県が3,460万円となっている。(記事:県田勢・記事一覧を見る

関連キーワードマンション市場

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース