1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > IT・サイエンス
  4.  > 著作権(1)

著作権のニュース一覧

コンテンツ配信サービスを提供している米Cloudflareに対し海賊版サイトへのサービスを停止するようKADOKAWAや講談社、集英社、小学館が求めていた訴訟で、和解が成立したことが発表された。 02/21 09:32

英語の読解力を上げるのに最適な方法が多読だ。 02/17 07:08

Blizzard Entertainmentがカスタムゲーム利用規定を変更し、カスタムゲームに対する同社の所有権をより明確化する記述や、カスタムゲーム内でのサードパーティーコンテンツ使用禁止を盛り込んだ。 02/02 21:04

有志が収集したAppleの広告コンテンツをThe Apple ArchiveというApple非公認のサイトで公開したところ、700通以上の削除申請がAppleの弁護士から送られてきたそうだ。 01/30 18:03

OracleはGoogleがAndroidでJava APIを無断使用したとして著作権侵害でGoogleを訴えているが、この裁判ではAPIが著作権の保護対象に当たるという判断が下されている。 01/23 08:25

かつての米国の著作権法では、保護対象となっていたのは歌詞とメロディだけだった。 01/17 08:36

中国・深セン市の地方裁判所、南山区人民法院がAIの生成した文章に著作権を認めたそうだ。 01/13 21:05

海賊版コンテンツのダウンロードに対しては、現在は映像や音楽のみが罰則付きの違法行為とされており、それ以外のコンテンツに関しては法律上は罰則の対象となっていない。 01/10 11:48

欧州司法裁判所は19日、著作権者の許諾を得ずにWebサイトで電子書籍を中古販売することは公衆送信権の侵害にあたるとの判断を示した。 12/23 08:33

歌詞表示サービスを提供するGeniusは3日、同社が文字起こしした歌詞データを無断使用したと主張して、GoogleおよびGoogleに歌詞データを提供するLyricFindを米国・ニューヨークの州裁判所に提訴した。 12/08 08:59

米連邦最高裁判所は15日、Java APIの著作権侵害をめぐるGoogleとOracleの裁判でGoogleの上告を受理した。 11/20 18:43

AdobeがNew York Times、Twitterと共同でコンテンツの真正性を検証できるようにするための取り組みを開始すると発表した。 11/09 09:14

大手企業の副業解禁が叫ばれる中、良い面ばかりが取り上げられているが、副業にもリスクが付き物である。 11/06 07:32

シリーズの生みの親ジェームズ・キャメロンがプロデューサーを務める『ターミネーター:ニュー・フェイト』が11月8日から公開される。写真:『ターミネーター:ニュー・フェイト』 11月8日より公開 (C)2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

シリーズの生みの親ジェームズ・キャメロンがプロデューサーを務める『ターミネーター:ニュー・フェイト』が11月8日から公開される。 11/05 20:18

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告