1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 広島大学(1)

広島大学のニュース一覧

膜型プロテアーゼAdam19が軟骨形成を抑制する仕組み。(画像:京都大学発表資料より)

進行性骨化性線維異形成症という病がある。 10/23 08:27

TLR7とTLR8がX精子に及ぼす影響。(画像:広島大学発表資料より)

広島大学の研究グループが、簡便かつ安価な手段による雌雄の産み分け技術を開発した。 08/14 21:07

ノックアウト成体ウニ。スケールバーは2mm。(画像:広島大学発表資料より)

ノックアウト動物というのは、研究のために特定の遺伝子を破壊した動物のことである。 08/02 21:50

ヒメジャコ(左)と放出された糞(右)。(画像:広島大学発表資料より)

シャコガイは大型の二枚貝である。 07/23 10:58

好みに応じて最適な食べごろを選択できる「食べごろガイド」(QRコード付き)。(画像:サトーホールディングス発表資料より)

サトーは、果物の食べ頃を科学的に予測するサービス「coro-eye(ころあい)」を開発した。 11/20 12:12

DPD1ヌクレアーゼ=オルガネラDNAを分解する酵素を発見。(画像:神戸大学発表資料より)

リンは植物にとって必要不可欠で、その三大栄養素に数えられる。 11/19 08:23

研究の概要。(画像:奈良先端科学技術大学院大学発表資料より)

広島大学と奈良先端科学技術大学院大学の共同研究グループは、脳画像、血中バイオマーカーなどのデータを人工知能(AI)によって総合的に分析することで、うつ病の治療薬である抗うつ薬の奏功しない患者を割り出すことができるという事実を発見した。 09/24 11:22

ニュートリノから特定された放射源となる天体「ブレーザー」とその周辺画像(写真:広島大学発表資料より)

宇宙から飛来するニュートリノとガンマ線の検出により、ニュートリノの放射源となる天体を突き止めることに成功したと、千葉大などの研究グループが13日に発表した。 07/14 21:45

「りゅうこつ座エータ星」可視光 ハッブル宇宙望遠鏡(NASA提供、広島大学の発表資料より)

銀河系で最大級の質量を誇る連星「りゅうこつ座エータ星」において、連星間の星風の粒子の一部がほぼ光速にまで加速された「超高エネルギー粒子」となっていたことが明らかになった。 07/14 21:26

「はくちょう座X-1」の想像図(ESAより)。(画像:広島大学発表資料より)

世界で初めて、ブラックホール連星系からの偏光の硬X線による高信頼性の観測に成功した。 07/01 09:39

時間・角度分解光電子分光の模式図。(画像:広島大学発表資料より)

黒リンが次世代の超高速光通信デバイスのキーマテリアルの一つとなった。 06/18 11:34

4Kデジタルポスター。(画像:凸版印刷発表資料より)

凸版印刷は、高品質な画像データやデジタル高精細映像の技術を活用した、4Kデジタルポスター・システムを開発した。 05/22 21:54

元広島大学の澤井悦郎博士のチームがフグ目マンボウ科マンボウ属の分類をめぐる混乱を解決し、今まで捕獲された魚類の中で「最も重い硬骨魚」はウシマンボウだったことを論文発表した。 12/12 10:54

臓器の慢性的な炎症は、繊維化へと至る。(画像:東北大・広島大発表資料より)

東北大学、岡山理科大学、広島大学などの共同研究グループは、慢性腎臓病や劇症肝炎の有効な治療薬となる新規化合物、Mitochonic acid 35(MA-35)を開発した。 05/21 18:50

 1 2  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告