1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済
  4.  > 経済指標・統計
  5.  > 個人消費(1)

個人消費のニュース一覧

帝国データバンクの調査によると、輸出の減少による製造業の悪化などから景気動向指数が4カ月連続で下落したことが分かった。 04/04 15:48

IDC JapanがIoT市場の用途・産業別の予測を発表。18年の実績は6.32兆円。18~23年の年間成長率は13.3%と予測。消費者のIoT支出額は相対的に高い。家庭のスマート化が高成長で進む。

IoT(インターネット化された機器)はAI(人工知能)やビッグデータとならんで新しい時代のテクノロジーを表現する決まり文句になっている。 03/25 11:39

帝国データバンクが企業に対して、楽天インサイトが成人男女に対して、改元や元号に関して行った調査の結果を発表し、景気回復や賃金上昇を期待している個人が多いことが分かった。 03/21 11:25

内閣府が1-3月期の法人企業景気予測調査の結果を公表。1~3月期の景況判断は全規模で「下降」超。先行きは大・中堅企業は7~9月期に「上昇」に転じるが中小企業は「下降」超で推移する見通し。

今年2019年の景気動向は不透明だ。 03/20 12:12

帝国データバンクは8日、2018年度実績及び19年年度見通しの「業界天気図」を発表した。 03/13 18:19

米労働省が8日に発表した2月の雇用統計では、経済政策の決定に影響力を持つ非農業部門の就業者数が2万人の増加にとどまった。 03/10 22:14

ダイキン工業、2Qの利益は6期連続で過去最高 半導体・自動車関連の需要拡大

澤井克行氏:本日は大変お忙しい中決算説明会にご参加いただきまして、誠にありがとうございます。 01/09 22:23

帝国データバンクは14日、消費税率引き上げに対する企業の意識調査結果を発表した。 11/15 20:18

帝国データバンクの調査によると、10月の景気動向指数は49.0で2カ月連続のマイナスとなり、業種別でもサービス業以外の9業種でマイナスとなったことが分かった。 11/05 21:00

松屋、2Qは増収増益ながら通期は7.1%の減益見通し 子会社の業績不振が要因

帯刀保憲氏:専務の帯刀でございます。 10/30 12:08

携帯料金引き下げに関する議論がされている。他国と比較して高すぎるとの菅官房長官による発言から始まり、どこまで値下げが実現できるのか注目されている。

携帯電話料金の引き下げに関して総務省で議論されている。 10/26 22:06

政府は19年10月の消費税増税を円滑に進め、キャッシュレス決済の利用促進をはかるために、消費者にポイントを還元する施策の検討を進めてきたが、消費者に還元するポイントを拡充する検討に入った。 10/19 08:46

日本銀行が、ネット通販によって小売価格の値下げが促されている可能性があるとの調査結果を示した(日本銀行によるレポート記事「インターネット通販の拡大が物価に与える影響」、毎日新聞)。 06/20 10:29

内閣府が地域経済動向5月分を公表。地域別の景況判断は沖縄で着実に回復しているほか、北関東、中部、九州で穏やかな回復、北海道、南関東、近畿、中国で穏やかな回復基調、東北、四国では弱さが見られる。

内閣府の5月の月例経済報告では「景気は、緩やかに回復している」とされている。 06/06 11:07

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告