蓄電池のニュース(ページ 2)一覧

開発する車両のイメージ図。(画像:JR東日本の発表資料より)

水素社会の波は鉄道の世界にも訪れようとしているのだろうか。 06/05 11:22

N3 エヌキューブ。(画像:NTN発表資料より)

言うなれば取り回しのいい小型の発電ユニットと言ったところか。 06/02 22:04

トヨタ・プリウスのプラグインハイブリッド車、新型はスマートハウスの蓄電池として機能する

トヨタはプリウスPHV(プラグインハイブリッド車)を一部改良して加えて、5月9日に発売した。 05/12 21:05

車載用リチウム2次電池SCiB(東芝発表使用より)

東芝は7日、同社のリチウム二次電池SCiBが、日産自動車の軽自動車、新型デイズ/デイズHighway STAR用の車載蓄電池に採用されたと発表した。 05/08 08:46

アキュラホームが発売を開始した「ミライの家」は、ZEH+仕様の省エネ性能に加え、全館空調、800万円相当の大容量40kWh蓄電池、電気自動車まで付いた、超高コストパフォーマンス住宅だ。

桜の季節が過ぎ、日ごとに暖かさが増してくると、目や耳にする機会が多くなるのが「省エネ」の3文字だ。 04/28 22:12

SBエナジーは9日、米国の気象予報会社 ClimaCellへの出資契約を締結し、同社に700万ドル(約7億7000万円)を出資したと発表した。 04/10 07:57

「e-POWER」を搭載したクロスオーバーコンセプト「IMQ」を世界初公開、同時に「リーフ」の使用済みバッテリーのセルを再利用した蓄電池Nissan Energy Roam発売

日産自動車は3月5日、ジュネーブ国際モーターショーにおいて、電動パワートレーン「e-POWER」を搭載したクロスオーバーコンセプト「IMQ」を世界初公開した。 03/11 09:13

「リーフ」のリチウムイオン電池開発を行ってきた日産自動車出身で慶應義塾大学大学院の堀江英明特任教授と、三洋化成工業は、2021年秋にも、「全樹脂製」リチウムイオン電池の生産を開始するとした。 02/15 07:59

関西電力、エリーパワー、三社電機は17日、効率的なエネルギー基盤の構築を目指し、「バーチャルパワープラント(VPP)構築実証事業」の枠組みにおいて、家庭用蓄電池を活用した電力系統の安定化に活用する取組みを開始すると発表した。 12/18 20:32

エリーパワーは26日、電解液に不燃性のイオン液体を用いたリチウムイオン電池の開発に成功したと発表した。 11/27 18:58

開発された透けて曲がる電池とLED点灯の様子。(画像:日本電信電話発表資料より)

電池というものの新たな世界が拓けるかもしれない。 11/27 10:58

秘匿化制御技術のブロック図(写真:JSTの発表資料より)

科学技術振興機構(JST)、名古屋大学、北見工業大学は12日、フォグコンピューティングの環境下において、端末の内部情報を秘匿化しながら、端末を思い通りに制御する技術を開発したと発表した。 11/14 15:11

2019年よりFIT余剰電力買取制度が順次終了。富士経済がFIT対象住宅の現状と太陽光住宅の動向について調査

2019年11月からFIT(固定価格買取制度)が終了する太陽光住宅が出始める。 11/14 09:23

実証運転を開始した風力発電機。マイナス30度以下での運転が可能、各300kW、3基。(画像:新エネルギー・産業技術総合開発機構発表資料より)

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ロシアの極東にあたり北極圏に属するサハ共和国のティクシ市に極寒冷地仕様の風力発電機3基を完成させ、風力発電システムの実証実験を行う。 11/10 09:03

NTT西日本とNTTスマイルエナジー、日産自動車が、EVを活用した自動車とビルの間で電力相互供給する技術やシステムであるV2Bトライアルで協働するイメージ

西日本電信電話会社(NTT西日本)とNTTスマイルエナジーは、日産自動車と協業し、電気自動車(EV)を活用した自動車とビルの間で電力相互供給する技術やシステムであるV2B(vehicle to building)によるオフィスビルでのエネルギーコスト・CO2削減トライアルを2018年12月1日から開始し、2020年3月31日まで検証を行なうと発表した。 11/04 16:59

MCリテールエナジーの新事業概要図(ローソン発表資料より)

三菱商事とローソンが出資して設立した新電力のMCリテールエナジーは、電力需要予測システムと店舗設備遠隔制御システムを活用し、ローソン店舗の電力使用を集中制御するバーチャルパワープラント事業に参入する。 10/31 08:48

VPP実証試験の概要(エリーパワー発表資料より)

エリーパワーは、東京電力ホールディングス、関西電力ほか国内9社と連携して、大規模バーチャルパワープラント(仮想発電所、以下VPP)構築の実証試験を10月より開始した。 10/12 11:02

2019年3月に予定されているJIS規格の改正によって、ニッケル水素蓄電池の「繰り返し使える回数」の表記内容が変更されるとのこと。 10/05 10:23

前へ戻る   1 2 3 4 5 6  次へ進む