1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 小林弘卓(1)

小林弘卓のニュース一覧

(c) 123rf

2003年以降、バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイ社が公開しているポートフォリオ(株式銘柄や金融商品の組み合わせ)の運用パフォーマンスは、アメリカ市場のインデックスの1つであるS&P500種株価指数の運用パフォーマンスとほとんど大差がない。 05/04 16:17

(c) 123rf

5月1日、投資の神様ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイ社が、年次株主総会を開いた。 05/04 07:57

そもそも「アノマリー」という言葉の直訳は、「異常」である。 04/27 17:39

長期休暇であるゴールデンウィークの直前にもかかわらず、日本国内においては大阪を中心とする新型コロナウイルス変異株の感染拡大に歯止めがかからず、4月25日より3度目の緊急事態宣言が発令されることとなった。 04/26 07:48

「攻めのIT経営銘柄(もしくはDX銘柄)」の選定については、「攻めのIT経営(2019年からはDXに関する意識調査)」のアンケート調査に参加することがエントリー条件とされており、企業への自発的な行動が求められている。 04/21 07:26

経済産業省と東京証券取引所は、2015年より共同で「攻めのIT経営銘柄」を選定しているが、2020年より名称が「DX銘柄」に変更されたものの、その取り組みは今もなお継続している。 04/20 07:30

2012年12月より始まったアベノミクスは大規模な金融緩和からスタートしており、株高が圧倒的に進むことになった。 04/13 16:59

昨今、コロナ禍によって非対面・非接触のコミュニケーションの必要性が急速に高まったといえるが、日本国内の企業は、先進国の中でもデジタル化に遅れを取っていることは、紛れもない事実である。 04/13 07:35

(c) 123rf

現在の金融緩和の出口戦略について、市場のコンセンサスが万全かといえば甚だ疑問だ。 04/06 07:45

(c) 123rf

金融バブルは、各国の中央銀行による金融緩和が起因となることもあるが、たとえ金融緩和の飽和がバブル状態となっていると認識していたとしても、金融緩和の終了アナウンスなどの出口戦略については非常にセンシティブに扱われてきたといえる。 04/05 07:46

では、3つ目の条件である「経済過熱感」についてはどうだろうか。 03/30 16:55

過去のバブル状態といえば、1990年頃の日本経済バブル、2000年頃のITバブル、そして、2007年頃のアメリカ住宅バブルであるが、概ね10年に1度、バブルが起きては「例外なく」崩壊していることは既知の事実である。 03/30 07:56

(c) 123rf

FRBがSLRの緩和措置を予定どおりに終了したのは、米国債市場が「当時に比べて安定した」という根拠を持ってではあるが、米長期金利の上昇懸念が高まっていた中での緩和措置終了は、奥歯に物が挟まったような違和感を覚える内容である。 03/25 08:05

(c) 123rf

バブル崩壊の元凶となる金融不安は、世界の中央銀行の政策変更と共にあることは以前お伝えしたとおりであるが、コロナバブルが経済過熱感につながり、米長期金利の上昇が止まらなくなる中、アメリカのFRB(アメリカの中央銀行としての組織)は苦しい選択を迫られていたはずだ。 03/25 07:19

では、ゴールドと同じ無国籍通貨である仮想通貨についてはどうだろうか。 03/15 16:52

仮想通貨であるビットコインの暴騰は継続しており、ついに1ビットコイン600万円を超えた。 03/15 07:34

過去のバブル崩壊における共通点は、紛れもなく「金融不安の連鎖とパンデミック」であること、そして、「中央銀行の金利政策が引き金」となっているケースが散見されることであろう。 03/09 17:46

アメリカ10年債券金利の上昇は一向に収まらず、3月8日時点で1.6%付近へ上昇している。 03/09 07:15

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告