経済 RSS

 

「スマートシティX」始動 JR東や博報堂など大手6社とベンチャーがコラボへ

2020年8月27日 16:41

小

中

大

印刷

 NHKニュースでは、2日連続で「DX・スマートシティX」と呼ばれる、超大型プロジェクトが本格的に始動したことを報じている。携帯キャリア3社が敷設する5Gプラットフォームをベースに、AI・ロボットをはじめとする最先端デジタル技術を集約し、社会生活を大きく向上させるDX(デジタルトランスフォーメーション)社会の実現へ向けたプロジェクトが、いよいよ始まるのだ。

【こちらも】5G実装のスマートシティ化、今後14年間に世界経済へ2.2兆ドルの恩恵か

 このプロジェクトを手掛けるのは、JR東日本と博報堂、出光興産、あいおいニッセイ同和損保、トヨタの自動運転技術開発を担うTRI-AD、日本ユニシスの大手6社。この6社が各自治体と連携し、ありとあらゆる分野の企業、とくにスタートアップ企業とパートナーシップをとり、全く新しい社会システムの構築を目指す。

 これまで国内のスマートシティ化プロジェクトは、トヨタのウーブン・シティや福島のスマートシティ会津若松といったように、エリア限定での開発が中心であった。だが、このプロジェクトによって5Gインフラが整備された地域であれば、どの分野からのスマートシティ化も着手可能となる。新たなコンテンツが提案できるスタートアップ企業であれば、自治体とパートナー6社とのコラボで着実な事業展開が望めることとなる。

 つまり、「スマートシティX」は、政府が推進している「Society 5.0」をプラットフォームにした、新事業・新サービスの実践の場となり、近未来のデジタル化社会を共創するオープンイノベーションのためのプロジェクトと言える。

 自動運転ベースの交通システム、金融サービスのスマホ化、オンラインのヘルスケア・介護ケア、テレワークによる仕事・教育と、社会生活のあらゆる分野でオンライン化・デジタル化が急ピッチに促進されるだろう。

 プロジェクトでは現在、パートナーシップをとる企業の選定を始めており、2021年夏頃までに10余りの事業をまとめる計画だ。試験的に三重県と東京都渋谷区が先駆けのオブザーバーとして参加している点にも留意したい。

 自治体やプラットフォームとなるパートナー企業6社により、実質的にプロジェクトは動き始めており、今後選ばれるスタートアップ企業がどこになるのか、個人投資家は要注目だ。(記事:TO・記事一覧を見る

関連キーワードJR東日本コラボレーション自動運転スタートアップ三重県交通システム博報堂出光興産日本ユニシス

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース