1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > 自動運転(1)

自動運転のニュース一覧

TISと凸版印刷は12日、万博記念公園で実施される自動運転車両を活用した次世代モビリティサービス実証において、TISの遠隔コミュニケーションサービスを活用し、凸版印刷のバーチャルキャラクターが乗客に対してガイドを行う、対話型の移動体験型サービスを提供すると発表した。 10/19 17:46

『欠陥ゼロのソフトウエア開発』(日経エレクトロニクス 1995年11月出版)を読み始めると、「1序論」の初めに次のような文章に出会う。 10/15 17:31

■I.米国株式市場 ●1.米株式市況の推移 1)10/5、NYダウは+465ドル高の28,148ドル 10/08 08:24

ソフト開発においてはバグのないことが絶対的に求められている。 10/06 17:20

この記事のもとになるのは、日経エレクトロニクス1995年11月出版「欠陥ゼロのソフトウエア開発」だ。 10/06 07:40

自動車業界市場には明るい見通しはある。電気自動車や自動運転車などのポジティブな話題も豊富だ

100年に一度の大変革期を迎えているといわれている自動車産業だが、2019年の販売台数の大幅な落ち込みに加え、新型コロナウイルス感染拡大という不測の事態も発生したことで不透明感が増している。 10/04 20:59

東芝で事業の整理が続いている。 10/02 09:10

今の世の中、電磁波は身の回りのあらゆるものから発生している

在宅勤務の時間は、音楽を聴きながら仕事をしているという人も多いだろう。 09/27 17:37

(c) 123rf

ホンダと米GM(ゼネラル・モーターズ)は、これまで次世代技術分野(自動運転分野・電気自動車(EV))で共同開発を推し進めてきた。 09/19 09:00

コロナ禍で生産台数が大幅に減少するも、V字回復が期待されている自動車産業。その決め手となるのが、最先端の半導体技術に支えられた先進運転支援システム「ADAS」だ

自動車業界は今、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、生産台数の大幅な減少が予想されている。 09/13 16:54

富士キメラ総研が「2020、自動運転・AIカー市場の将来展望」を発表。

2020年代は自動運転のレベル2(部分的自動運転)車両の普及が予測されており、40年代にはレベル2車両が自動運転車両の主流になると見込まれている。 09/10 08:41

ホンダは米自動車大手のゼネラルモーターズ(GM)と北米で展開する四輪でのアライアンス確立に向けて、幅広い協業の検討を始める覚書を締結したと発表した。 09/06 19:01

オンラインでの講習会、いわゆるウェビナーやセミナーなども定着しつつある

新型コロナ禍の影響で、社会の仕組みが大きく変わり始めている。 08/30 18:20

NHKニュースでは、2日連続で「DX・スマートシティX」と呼ばれる、超大型プロジェクトが本格的に始動したことを報じている。 08/27 16:41

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告