1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > 自動運転(1)

自動運転のニュース一覧

トヨタは昨年発表した多目的電動車「e-Palette」などを東京オリンピックなどで活用、そこで得た知見を活かし、北京オリンピック・パラリンピック冬季競技大会に向けて「清華大学・トヨタ連合研究院」でさらに熟成させる

トヨタ自動車と中国・清華大学は、4 月21 日、「清華大学・トヨタ連合研究院」を設立することで合意したと発表。 04/24 09:44

あるAnonymous Coward曰く、フィルクスワーゲン(VW)幹部が、中国は世界の自動運転車関連ソフトウェア開発におけるハブのような役割をすることになると語っている。 04/23 22:28

左から、デンソー若林宏之取締役副社長、エリック・メイホファーUber ATG責任者、ダラ・コスロシャヒUber CEO、友山茂樹トヨタ副社長、アーヴィン・トゥSVF Managing Partner

トヨタ自動車は2018年8月にUberに5億ドルを出資し、トヨタのミニバンであるシエナをベースとした車両に、Toyota Guardian?(高度安全運転支援)システム(ガーディアン)とUberの自動運転システムを連携させた自動運転ライドシェア車両を、2021年にUberのライドシェアネットワークに導入する事に合意し、共同開発を進めて来た。 04/23 09:50

BMW Z4(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)

子どものころ親父に模型のエンジンを買ってもらい、手製のエンジンマウントを作り、指を切り落とすほどの大けがの危険があるのも顧みず、プロペラを手で回し始動していた。 04/23 09:22

「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」(画像: BMWの発表資料より)

BMWジャパンが「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」をBMW3、BMW8、BMWX5などに搭載して発売する。 04/20 11:24

ルノー・日産連合は、中国・上海に世界で3カ所目となる共同の研究開発拠点を両社が折半出資して合弁会社「アライアンス研究開発公司」設けた。自動運転やEV、コネクテッドカー技術を開発し、その技術はグループの車両に搭載する。

仏ルノーと日産自動車は、中国・上海に研究開発を担う新しい合弁会社「アライアンス研究開発(上海)有限公司(アライアンス・イノベーションラボ上海)」を設立したと発表した。 04/16 09:11

バッテリー駆動式ミニショベル(画像: 小松製作所の発表資料より)

コマツ(小松製作所)は、バッテリー駆動式ミニショベルを、4月8日、ミュンヘンで開催される「建設機械見本市(bauma2019)」で発表した。 04/15 19:13

月面での有人探査活動に必要なモビリティ「有人与圧ローバ」のイメージ。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

ブリヂストンは11日、JAXA、トヨタ自動車と共に国際宇宙探査ミッションに挑戦することを発表した。 04/15 08:20

画像はイメージです。

AI自動運転は、「安全」を第一に考えて開発されている。 04/13 10:17

デンソーの電子部品は自動車内部のECUやインバータなど多岐にわたって配置され、トヨタ自動車グループの自動車メーカーを支える

トヨタ自動車およびグループ会社のデンソーは、昨年6月に両社の主要な電子部品事業をデンソーに集約することについて基本合意し、詳細について検討してきたが、正式に決定し、事業譲渡契約を締結することで合意したことを公開した。 04/09 13:39

ディディムーンを観測するヘラミッションのイメージ。 (c) ESA

欧州宇宙機関(ESA)は、宇宙船の先進的な自動運転技術を開発している。 04/09 11:40

トヨタ、3Q累計の売上・営業益は増加も純利益は減少 引き続きコネクティッド/MaaS分野に注力

白柳正義氏:白柳でございます。 03/29 23:22

月での有人拠点建設の想像図(写真:JAXAの発表資料)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と鹿島建設は28日、月での無人による有人拠点の建設を想定した実験を、神奈川県小田原市にある鹿島西湘実験フィールドにて実施し、拠点建設の実現可能性を見いだしたと発表した。 03/29 20:20

デイズハイウェイスター(画像: 日産自動車の発表資料より)

日産自動車は28日、軽自動車「デイズ/デイズハイウェイスター」を5年9カ月ぶりにフルモデルチェンジして全国一斉に発売することを発表した。 03/28 20:24

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告