究極のクリーンカーその1 燃料電池車

2020年6月4日 06:31

小

中

大

印刷

「自家発電する電気自動車」燃料電池車トヨタMIRAI(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

「自家発電する電気自動車」燃料電池車トヨタMIRAI(画像: トヨタ自動車の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 本当に地球環境に優しい、究極のクリーンカーは「燃料電池車」と「水素エンジン車」しか存在しない。

【こちらも】将来クルマは2極分化する

●EVに充電する電気の由来は?

 昨今、EV(電気自動車)がもてはやされ、わざとらしく「ゼロエミッション」と、オーナメントを後部に取り付けた車も存在する。

 東日本大震災以来、原子力発電の電力割合が約3割から数%へと極端に低下している現在は、火力発電が発電割合の約8割となり、発電所で生産される「製品」とも云うべき「電気」を製造(発電)する段階で、既に環境に影響を与えている

 従って、「ゼロエミッション」と名乗りたかったら、常時「太陽光」か「風力」で発電した電気以外は「車載蓄電池の充電に使わない」ものでなければならない。つまり「電力会社からの電気を充電に使用しない」EVでない限りは、ゼロエミッションではあり得ない。

●EVは長距離移動や大量輸送には向かない

 EVは乗用車でさえ長距離移動に不向きで、都市内の近距離移動に限定されると云っても過言ではない。

 5月26日、日本経済新聞にいすゞ自動車が20年代前半にも「EV小型トラック」を実用化すると報じられた。エルフをベースに電動化し、1充電あたりの航続距離は100km以上を目標としている。

 この程度では、やはり決まったルートの近距離物流でしか使えない。

 勿論、長距離移動に不向きなEVでは、長距離・大量輸送を担う大型トラックの用途には全く適さない。バスにしても、都市内の路線バスならEVの適用も可能だが、観光バスや長距離高速バスになると不適合だ。

●大型トラックも燃料電池車化へ

 大型トラックのEVは非現実的だから、4月21日、商用車世界大手のダイムラー(ドイツ)とボルボ(スウェーデン)が折半出資で「燃料電池トラック」を開発・量産する合弁会社設立を発表した。

 大型トラックの分野では、この両社は激しく競合する関係にあり、異例なケースと考えられる。その意味からも、「燃料電池車」が将来的な長距離・大量輸送の切り札であると期待されている事が判る。

●「燃料電池車(FCV)」と「水素エンジン車」こそが環境に優しい車だ


 「燃料電池車」の場合は、理科の実験でやった「水の電気分解」=(「水:H2O」に差し込んだ電極に「電気」を通すと「水素:H」と「酸素:O2」が発生する)と逆の作用をさせる。

 つまり、「水素:H」を「酸素:O2」と結合させて「電気」と「水:H2O」を発生させている。この電気で車載モーターを駆動する「自家発電する電気自動車」で、水だけを排出する。

●国産FCVはトヨタとホンダが生産

 国産FCVにはトヨタMIRAI、ホンダCLARITYがある。

 トヨタMIRAIは2014年12月15日、ホンダCLARITYは2016年3月10日に発売された。

 「日本自動車販売協会(自販連)」の集計資料では、2020年3月時点での累計販売台数はMIRAIが3,497台、CLARITYは661台となっている。

 因みに、CLARITYは2018年7月以降、FCVとPHVを合算している。過去実績から推計すればFCVとPHVの比率は1:8で、この数値で修正すれば多分累計台数は250台弱と思われる。

●普及への道程は遠い

 FCVはエコカー減税、環境性能割、グリーン化特例、CEV補助金(クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金)などの対象車で、さらに自治体によっては独自な補助金もある。

 しかし、価格はトヨタMIRAIが740万9,600円、ホンダCLARITYが783万6,400円と高価でもあり、補助を受けても普及には未だ程遠いのが現状だ。

●FCVの未来は明るいか

 現時点でも650km程度確保されているFCVの1充填航続距離が、水素インフラの整備が進み、充填所が充実すれば、現在のガソリン車やディーゼル車同様、航続距離を気にせずに利用可能となる。

 水素は太陽光発電で得た電気で水を電気分解すれば無限に有る。水素社会の未来は明るいといえるのではないだろうか。(記事:沢ハジメ・記事一覧を見る

関連キーワード本田技研工業トヨタ自動車電気自動車燃料電池水素ディーゼルいすゞ自動車燃料電池自動車火力発電太陽光発電蓄電池MIRAI

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「ランキング通知」の画面イメージ。(画像: LINE証券株の発表資料より)
  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
 

広告

ピックアップ 注目ニュース