1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 環境・エコ
  4.  > 水素(1)

水素のニュース一覧

アストロバイオロジー研究所は1月31日、TRAPPIST-1(トラピスト1)を周る地球サイズの7つの惑星について、大気形成過程の理論的検証結果を発表した。 02/04 09:36

主星である恒星KELT-9(左)と惑星KELT-9b(右)の想像図。(c) NASA/JPL-Caltech/R. Hurt (IPAC)

地球から600光年離れたはくちょう座の8等星KELT-9は2014年、1.5日周期で明るさが0.5%だけ暗くなる現象が捉えられた。 01/29 07:22

いすゞ自動車とホンダの研究開発子会社である本田技術研究所は、燃料電池(FC)をパワートレーンとする大型トラックの共同研究契約を締結したと発表した。 01/17 08:28

ホウ化水素ナノシートを化学的に合成した研究の概要。(画像: 筑波大学の発表資料より)

筑波大学、物質・材料研究機構、東京大学等の共同研究チームは10日、導電性を制御可能なホウ化水素ナノシートの開発に成功したと発表した。 12/12 18:28

今回開発された方法により合成されたグラフェンのSEM(走査型電子顕微鏡)像(画像: 東北大学の発表資料より)

グラフェンと呼ばれる炭素材料は、次世代の材料として様々な分野で実用化に向けた研究が進められている。 12/11 18:27

(c) 123rf

一方日本では、将来水素を自ら無尽蔵に生成できるのであれば、石油依存の産業体質を改革できることが考えられる。 12/11 08:05

2030年にかけて、自動車によるCO2排出量の測定方法が変わる可能性がある。 12/02 18:38

2018年に観測されたジャコビニ・ツィナー彗星 (c) Michael Jaeger

国立天文台は19日、ジャコビニ・ツィナー彗星から脂肪族炭化水素や多環芳香族炭化水素といった複数の有機分子が含まれる可能性があると発表した。 11/23 17:15

ガス星雲のイメージ。

従来地球生命の起源は、何の疑いもなく、地球上の無機化合物から偶然タンパク質を構成している有機化合物が合成され、何らかのメカニズムが働いて現在のDNAの原型が形作られたと考える科学者が大多数であった。 11/23 09:21

火星探査ローバー・キュリオシティが明らかにした大気中の酸素とメタンガスの変化。夏季には増加するが、冬季には減少している。(c)Melissa Trainer/Dan Gallagher/NASA Goddard

火星に生命は存在したのかは長年のテーマだ。 11/17 18:10

東京モーターショーと連携してトヨタがMEGA WEB会場で開催するFUTURE EXPOにおいて、新型FCV「MIRAI Concept」を初公開する

「東京モーターショー2019」を10日後に控えて自動車各社の情報が洩れ伝わってきた。 10/14 18:21

アルマ望遠鏡とハッブル宇宙望遠鏡で撮影したB14-65666。塵、炭素、酸素がそれぞれ、赤色、黄色、緑色で表現されている。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), NASA/ESA Hubble Space Telescope, Hashimoto et al.

国立天文台は18日、運営するアルマ望遠鏡が遠方天体B14-65666から酸素、炭素、塵が放出する電波の検出に成功したと発表した。 06/20 09:12

開発する車両のイメージ図。(画像:JR東日本の発表資料より)

水素社会の波は鉄道の世界にも訪れようとしているのだろうか。 06/05 11:22

超新星爆発のイメージ。

現在、地球上に存在する元素の起源を知っているだろうか?最初から地球のもとになった微惑星の中に存在していたという主張は、不正解である。 05/31 08:52

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

写真で見るニュース

  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告