1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 環境・エコ
  4.  > 水素(1)

水素のニュース一覧

FCモジュール Type1(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

トヨタ自動車は26日、トラックや鉄道、定置式発電機などさまざまな燃料電池(FC)製品の開発や製造を行う事業者向けに、FCシステムをパッケージとしたFCモジュールを2021年の春以降に発売すると発表した。 02/27 16:09

画像1:京都大学報道発表資料より

京都大学は17日、新しく水を電気分解する触媒(以下、水電解触媒)「RuIrナノコーラル」の開発に成功したと発表した。 02/19 08:07

トヨタの燃料電池大型商用トラックの新型プロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

地球温暖化、脱炭素、CO2排出制限と喧しいが、「脱炭素・CO2排出制限」と「自動車のEV車シフト」は、必ずしも同じ思想から発生したのでは無い。 02/17 08:36

また、現存のガソリンスタンドについても、FCV(燃料電池車)に用いる純粋水素(99.99%)を取り扱う水素スタンド(1カ所約5億円)に比較して少ない投資で「e-gas(メタンガス)」対応とできることから、「雇用の創出」に寄与し、自動車産業全体の雇用規模を保てることになる。 12/11 09:17

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、トヨタ自動車、日野自動車の5社がコンビニ配送物流で共同実証実験を行なう3トン積み小型トラックのイメージ

コンビニ大手のセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンの3社と、トヨタ自動車、日野自動車の5社が共同し、地球温暖化抑制やエネルギー多様化等に対応した持続可能な社会の実現に向け、燃料電池(FC)小型トラックの導入を視野に検討を進めるとともに、将来の普及に向けた環境整備に取り組むことで合意したと発表した。 12/10 09:47

Photo:2020年12月9日発売のFCV車 トヨタ新型MIRAI(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

日本経済新聞の12月8日1面トップに、「水素30年に主要燃料に」目標1000万トン国内電力1割分と、大々的に報道された。 12/10 09:42

マツダはかねてより、生き残りをかけてプレミアムブランドを目指してきた。 11/13 08:43

洋上風力発電のイメージ。(画像: 三菱重工業の発表資料より)

三菱重工業は10月30日、同社初となるグリーンボンドの発行へ向けて、社債の訂正発行登録書を関東財務局に提出したと発表した。 11/01 18:53

月の「クラビウス」クレーターと、月の土壌に閉じ込められた水のイメージおよび、NASAの成層圏赤外線天文台(SOFIA)。 (c) NASA/Daniel Rutter

イギリスのネイチャーアストロノミー誌で10月26日、月面で初めて観測された水分子の存在に関する論文が公表された。 10/28 11:32

トヨタのパワーユニット。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

EVでは、必ずしもCO2排出規制に直結しないことは最近知られてきたが、それと同時にエンジン車の部品点数3万点余りから半減する問題が言われている。 10/23 07:36

1.8L BOXER 直噴ターボエンジン(スバルの発表資料より)

今回、CB18型エンジンで採用された画期的な技術の1つとして、オフセットシリンダーを採用したことが挙げられる。 10/16 07:40

Photo:トヨタ・日野が共同開発する水素燃料電池駆動の大型トラック (提供トヨタ自動車)

米カリフォルニア州のニューサム知事は9月23日、2035年までに全ての新車を、排ガスを出さない「ゼロエミッション車」にするよう義務付けると発表した。 10/13 17:02

2035年の排ガス規制によって、カリフォルニア州で販売できる新車は「ゼロエミッション車(ZEV:Zero-Emission Vehicle)」だけに規制され、純電気自動車(BEV)、燃料電池車(FCV)、水素エンジン車に限られてくる。 10/05 18:59

エネルギー密度2倍と言われる全固体電池の開発が、いよいよ大詰めである。 09/03 07:50

またe-gas(メタンガス)利用であれば、水素スタンドと言っても、すでに公開しているがトヨタが特許を持つFCVで使う純粋水素とは違い、従来のガソリンスタンドを改装するだけで引き続き利用できるメリットもある。 08/24 08:36

RX-8ハイドロジェンRE(画像: マツダの発表資料より)

23年前、「地球温暖化防止京都会議 COP3)」で目にしたこのフレーズが、現実化されようとしている。 08/13 06:44

水素エンジンについては元々日本のメーカーが先行していた。 08/10 14:21

水素エンジンが急速に注目されている。EUは、現在BEV、PHEVへの移行を急いでいる。 08/10 06:49

 1 2 3 4 5 6  次へ進む