1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 太陽光発電(1)

太陽光発電のニュース一覧

今回新たにトヨタが元町工場に導入した小型水素ステーション「SimpleFuel」、概ね1日あたり燃料電池フォークリフト7台~8台分の水素が充填できる

トヨタ自動車は、再生可能なエネルギーである太陽光発電の電力を活用し、水素を製造・貯蔵・供給できる小型の水電解式水素発生充填装置「SimpleFuel(シンプルフューエル」を愛知県豊田市のトヨタ元町工場に導入した。 04/10 08:33

SBエナジーは9日、米国の気象予報会社 ClimaCellへの出資契約を締結し、同社に700万ドル(約7億7000万円)を出資したと発表した。 04/10 07:57

Wi-SUNの最新規格「Wi-SUN Enhanced HAN(Home Area Network)」に世界で初めて対応したロームの無線通信モジュール「BP35CO-J11」

IoTの普及に伴なって、スマートメーターの導入も世界規模で加速している。 03/31 22:58

京セラと関電が始める新サービスのイメージ図(京セラの発表資料より)

京セラ(京都市伏見区)と関西電力(大阪市北区)は27日、新たな個人向けの太陽光発電サービスを開始するため、新会社「京セラ関電エナジー合同会社」を設立すると発表した。 03/28 18:36

業界初の電力損失ゼロを達成した小型非接触電流センサ「BM14270MUV-LB」を用いたデモ機。ロームは MI素子を採用することで、これまでのホール素子による電流センサの課題を一気に解決した

近年、日常生活からビジネスに至るまで、我々の生活のあらゆる場面で電子化、電力化が進んでいる。 03/17 21:44

ドローンを使った点検作業のイメージ(NTT西日本の発表資料より)

NTT西日本(大阪市中央区)は12日、ドローンを使って橋梁や鉄塔、発電設備などの点検を行う新会社「ジャパン・インフラ・ウェイマーク」を4月1日に設立し、営業を開始すると発表した。 03/14 10:59

東京電力HDも洋上風力発電事業の候補地として、銚子沖を決めたと伝えられた。 02/27 11:49

2020年、住宅「省エネ基準」義務化を前にリビン・テクノロジーズが「住まいの省エネ対策」について意識調査。義務化の認知度は25%。不適合住宅は「売却時に不利」55.1%。省エネ対策実施済み43.0%。

政府は2020年から住宅に対する省エネルギー基準の適用を義務化する方針を示している(ただし小規模住宅については適用先送りとなっている)。 02/19 09:49

「リーフ」のリチウムイオン電池開発を行ってきた日産自動車出身で慶應義塾大学大学院の堀江英明特任教授と、三洋化成工業は、2021年秋にも、「全樹脂製」リチウムイオン電池の生産を開始するとした。 02/15 07:59

自社物件の「卒FIT」オーナーに向けて電力買取を行い、自社の事業用電力に活用する「積水ハウスオーナーでんき」

2019年11月から、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)の買取期間が順次終了を迎え始める、いわゆる太陽光発電の「2019年問題」だ。 02/03 23:30

これで日本が抱える原発絡みのインフラ輸出は皆無となった。 02/01 09:45

開発システムの概要(富士通発表資料より)

富士通と富士通研究所は共同で、工場や店舗などが自家発電や節電で生み出した余剰電力を、ブロックチェーン技術を利用することで、電力需要家どおしが直接取引きできるシステムを開発した。 01/31 12:26

経済産業省が、2019年度の再生可能エネルギー買い取り価格を20%ほど引き下げることを決めた。 01/12 12:52

帝国データバンクの発表によると、太陽光関連業者の倒産件数が2018年は95件となり、5年連続で増加していることが分った。 01/10 17:37

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

写真で見るニュース

  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
  • 夏の暑さ対策になるという塩分入り「熱中対策コーラ」(写真:赤穂化成の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告