1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 環境・エコ
  4.  > 燃料電池(1)

燃料電池のニュース一覧

(a) 炭素材料表面に分子レベルで修飾された触媒の模式図および、(b)今回見出した触媒電極による酸素還元性能の炭素・白金炭素触媒との比較。(画像:電気通信大学発表資料より)

リチウムイオン電池に代わる次世代の電池が待望されている。 10/19 15:22

東京モーターショーと連携してトヨタがMEGA WEB会場で開催するFUTURE EXPOにおいて、新型FCV「MIRAI Concept」を初公開する

「東京モーターショー2019」を10日後に控えて自動車各社の情報が洩れ伝わってきた。 10/14 18:21

CX-30 クリーンディーゼルエンジンSKYACTIV-D 1.8(画像: マツダの発表資料より)

9月24日、日本経済新聞にホンダがディーゼルエンジンの開発から撤退するとの記事が掲載された。 10/03 16:08

積水ハウスは超高層マンションにおいてもZEHを推進する

環境問題と聞いて、真っ先に「地球温暖化」を思い浮かべる方も多いだろう。 09/29 20:30

トヨタ本社工場に設置したFC発電機、大きさは2.3×4.5×2.5 mで定格出力100kWだという

トヨタ自動車は、燃料電池自動車(FCV)MIRAIに搭載されている燃料電池システム(FCシステム)を活用した定置式の燃料電池発電機(FC発電機)を開発し、愛知県豊田市の本社工場敷地内に設置して、実証運転を開始したと発表した。 09/22 21:37

トヨタ自動車が、燃料電池車「MIRAI」で使用されている燃料電池システムを本社工場敷地内に設置して実証運転を開始したことを発表した。 09/20 09:22

水素燃料関連の国内市場の推移。(画像: 富士経済の発表資料より)

富士経済が9日に発表した水素燃料関連の国内市場調査結果によると、水素ステーション設置など国レベルの取り組みが加速し、市場は今後大幅に拡大すると予測している。 08/13 20:20

燃料電池バス「SORA」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

トヨタ自動車は6日、燃料電池バス「SORA」の改良モデルを8月から販売すると発表した。 08/08 22:01

レンジエクステンダーのBMWi3(画像: ビー・エム・ダブリュー・ジャパンの発表資料より)

将来生き残る自動車は、従来からのガソリン車やディーゼル車といった「内燃機関」を動力源にした車と、燃料電池車(FCV)の様な「未来型」の電気自動車(EV)になるだろう。 08/08 17:50

トヨタ燃料電池バス「SORA」、新しい安全運行システムなどを搭載した新モデル発表。車イスやベビーカーを利用する乗客の乗降性を向上させる自動正着制御システムをオプションで用意したモデル

トヨタ自動車は、ITS機能の活用により、燃料電池バス(FCバス)「SORA」の安全性、輸送力ならびに速達・定時性を向上させたモデルを販売開始した。 08/08 09:09

トヨタが公表した2020年東京オリンピック・パラリンピックをサポートする専用ロボット

トヨタは2020年の東京オリンピック・パラリンピックをサポートする専用ロボットを公表した。 07/25 12:58

ノート e-POWER(画像: 日産自動車の発表資料より)

中国が電気自動車に熱心だ。 07/10 20:23

10日にノルウェー・バールムにある自動車用の水素ステーションが爆発した。 06/18 09:51

トヨタが、2020年に日本市場向けに発売する2人乗りの超小型EV

トヨタは6月上旬に自動車電動化に向けた説明会を開催した。 06/16 22:09

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • フランクフルトモーターショーで話題となったフォルクスワーゲン・ID.3(画像: フォルクスワーゲン発表資料より)
  • 自動手荷物預け機のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告