1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > 火力発電(1)

火力発電のニュース一覧

Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分

本稿は「トヨタイムズ」の「日本のカーボンニュートラルを考える自工会・豊田会長が語った事実」(https://toyotatimes.jp/insidetoyota/111.html)から、多くの見解を踏襲し、例示数値を引用している。 02/26 16:16

電気事業連合会(電事連)は先月、寒波や液化天然ガス(LNG)の供給不足から国民に節電要請を行っていた。 02/24 17:00

トヨタの燃料電池大型商用トラックの新型プロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

地球温暖化、脱炭素、CO2排出制限と喧しいが、「脱炭素・CO2排出制限」と「自動車のEV車シフト」は、必ずしも同じ思想から発生したのでは無い。 02/17 08:36

日本社会を不安に陥れている新型コロナの陰で、新たに浮上してきたのは「電力不足」への懸念だ。 01/30 20:30

石油資源開発、2Qは減収減益 原油価格の大幅下落やコロナ影響を受けて販売数量が減少

藤田昌宏氏:社長の藤田でございます。 01/22 09:03

中島義之

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)1/12、NYダウ+60ドル高、31,068ドル ・バイデン新政権による(1)現金給付600⇒2,000ドル増額、(2)大規模経済対策が米景気回復を促進するとの期待が市場を牽引した。 01/14 11:21

大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)

「一戸建ての一家3人が、4日間暮らせる」電力で300~400km程度しか走れないというのが、EV車の現状だ。 01/12 15:36

「早急なEV化についてビジネスモデルを壊す」と言った趣旨で、トヨタ自動車の豊田社長が警告した。 12/29 08:07

三井物産、激変する事業環境の中「変革と成長」を軸に基盤事業の 収益力強化と新事業への挑戦を推進

稲室昌也氏(以下、稲室):三井物産の稲室でございます。 09/11 18:39

政府が段階的に国内の石炭火力発電を減らしていく方針を固めた。 07/07 08:30

発電所におけるスカンジウム置換型ラムダ五酸化三チタンの実用例(画像: 東京大学の発表資料より)

火力発電所や原子力発電所では、発生したエネルギーの70%ほどが廃熱として無駄になっているのが現状である。 07/03 16:53

みずほFG、通期の連結業務純益は6,725億円 顧客・市場部門が堅調に推移し前年実績を超過

坂井辰史氏:みずほフィナンシャルグループの坂井でございます。 07/01 18:28

「自家発電する電気自動車」燃料電池車トヨタMIRAI(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

本当に地球環境に優しい、究極のクリーンカーは「燃料電池車」と「水素エンジン車」しか存在しない。 06/04 06:31

富士経済が電力小売市場を調査。19年の市場は14.7兆円、前年比98.6%、旧一般電気事業者と新電力による価格競争の激化 により縮小しているが長期的には拡大し30年度には15.3兆円と予測。

地球温暖化と関連し再生エネルギー発電が注目を浴びている。 04/21 07:49

英環境関連シンクタンクのCarbon Trackerが世界中で稼働している6696の石炭火力発電所と、計画中の1046の石炭火力発電所について採算性を調査したところ、うち46%が今年は赤字となる見通しであることが分かったという。 04/14 20:02

Photo:太陽光発電システムのパネルと直結コンセント ©sawahajime

電気自動車(EV)を災害時の非常電源に利用できると、「フル充電したEVで一家が〇日暮らせる」とやっているのを見た記憶がある。 03/20 12:18

日本の環境NGO「気候ネットワーク」が、株式を保有するみずほフィナンシャルグループに対し「石炭火力発電への融資はリスク」だとして株主提案を行なっているという。 03/17 17:04

ウィンドチャレンジャー搭載石炭船のシミュレーション画像(航行中の様子)。(画像:商船三井発表資料より)

温室効果ガスへの対策が叫ばれて久しい。 10/16 11:38

 1 2 3 4  次へ進む

広告