ホーム > ニュース一覧 > 沢ハジメ(1)

沢ハジメのニュース

高額車の方が売り易いという現実

一般的には、高額な品の方が安価な品より売り難いのが常識である。
07/17 08:50

飲酒待ち伏せエリアを表示 レーダー探知機メーカーの責務は

6月28日、千葉県八街市で悲惨な「事件」が発生した。
06/30 08:14

EV車に集中投資する判断は正しいか

Googleで「EV車 発火 動画」で検索すると、色々と驚く様な画像が参照できる。
06/23 16:54

水素エンジン車耐久レース完走の意義

大変嬉しいニュースだった。
06/18 16:56

水面下での自動車メーカー間バトル

昔、大阪で開催されたモーターフェスティバルの展示に関するエピソード。
06/09 20:03

昔「3ナンバー」はステータスだった

「小型乗用車(5ナンバー)」の寸法枠は全長4700mm×全幅1700mm×全高2000mmで、これを超えると「普通乗用車(3ナンバー)」となる。
05/28 08:55

市井にも様々な車の専門家がいる

レースの世界では、ファクトリー製レーシングカーの方が、プライベートチームのレーシングカーよりもポテンシャルが高いことは、常識とされる。
05/18 17:03

途上国製造のクルマを積極的に選ぶか

「伝統あるれっきとした自動車メーカー」へ、途上国の資本が投資をして、「経営権を握った」場合を見てみよう。
05/10 07:18

便利になった車の装備

●トランクオープナー 現在の車は、トランクオープナーや燃料タンクキャップは、車室内からワンタッチで開くことが出来る。
04/29 16:26

足元のお洒落・タイヤ+ホィール

車のドレスアップといえば、「エアロパーツ」か「タイヤ+ホィール」が双璧だ。
04/20 08:33

標準車と改造車

自動車メーカーが「型式認定」を取得して市場投入(=一般ユーザーへの販売開始)をするまでには、想像出来ないような多岐にわたる試験を行っている。
04/16 07:42

地域で異なる車購入行動

メーカーで多岐にわたる部門を経験し、関係したエリアも東北・北海道、関東、東海・北陸、近畿、中国と広範囲にわたる。
04/07 08:34

改善された現在の車・ドアハンドル

小型乗用車(5ナンバー)と中型乗用車(3ナンバー)は、昔は歴然とした相違があった。
03/22 17:02

自動車メーカーの基礎体力

適当な電動機(モーター)と車載電池を組み合わせればEV車(電気自動車)が出来ると思ったら大違いだ。
03/12 07:21

車の運転 居住地域で異なる状況に注意を

●居住地で状況は異なる 筆者は神戸在住である。
03/08 07:37

死語になった自動車用語「ディマースイッチ」

最近の車は、ヘッドランプのアッパービーム(上向き照射)とロービーム(下向き照射=通常走行時)の切り替えも自動化する装備まで備えているが、昔は足踏みボタン形式の「ディマースイッチ」が普通だった。
03/04 07:31

EV化議論に先立ち認識すべき基礎要件

本稿は「トヨタイムズ」の「日本のカーボンニュートラルを考える自工会・豊田会長が語った事実」(https://toyotatimes.jp/insidetoyota/111.html)から、多くの見解を踏襲し、例示数値を引用している。
02/26 16:16

死語になった自動車用語「三角窓」

「三角窓は未だいろんな車種に装備されている」との反論が聞こえて来るが、ここではエアコンが普及する以前、室内換気のために活躍した昔の開閉式の窓の話となる。
02/23 16:51

自動車社会の将来像

地球温暖化、脱炭素、CO2排出制限と喧しいが、「脱炭素・CO2排出制限」と「自動車のEV車シフト」は、必ずしも同じ思想から発生したのでは無い。
02/17 08:36

ワンメイクレースと自動車作りの技量

モータースポーツの世界には「ワンメイクレース」というジャンルがある。
02/11 16:33

死語になった自動車用語「オーバーヒート」

この寒中に、少し暑苦しいネタも面白いかも~と、「オーバーヒート」を採り上げてみた。
01/28 09:17

ベースロード電源を見据えたEV推しか

「一戸建ての一家3人が、4日間暮らせる」電力で300~400km程度しか走れないというのが、EV車の現状だ。
01/12 15:36

電動2輪車推進の展望

東京都の小池百合子知事が、今度は「35年までに2輪車も全て電動化する」目標を強調したそうだ。
01/05 08:38

テスラ過大評価論

いつも触れるが、世界的にEV、EVと喧しいが、元はといえば、「内燃機関技術レベル」と自動車産業を支えて裾野を形成する「部品工業レベル」に劣る中国が、新しい土俵で勝負をすれば、勝ち目があるだろうと期待して、強権発動してEV推進したのが原因だ。
01/02 08:18

車の迎春準備と冬場の心得

2020年はCOVID-19のせいで、散々な1年となってしまった。
12/23 19:06

 1 2 3 4  次へ進む