1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 沢ハジメ(1)

沢ハジメのニュース一覧

日産「ノート」e-POWER MEDALIST (画像: 日産自動車の発表資料より)

10年程前、トヨタ、ホンダ、日産3社のハイブリッド車レベルに関する筆者の印象は、「ダントツ首位のトヨタ」、「周回遅れの2位ホンダ」、「2位の背中が次第に遠ざかる日産」だった。 07/09 06:59

殆どの人が思い浮かべる「ボーリング」だが、正しくは、こちらは「ボウリング」。 ©sawahajime

ボーリングと聞いたら、大多数の人は10本のピンに向かってボールを転がす、室内スポーツを思い浮かべるだろう。 07/08 07:16

Photo:テールランプをブラックアウトした違法車 ©sawahajime

日本国内で公道を走っている車は、すべて「道路運送車両法」に適合している筈だ。 07/01 16:38

フロントグラスに封入したアンテナが前方視界を妨げる?2019年9月24日付の「車両盗難防止について 最近の盗難方法とその防止策は?」に登場した盗難被害に遭った愛車と同型車:ルーチェREハードトップGSII

自動車メーカーは、「型式認定」を取得してようやく市場で販売可能な車を生産することが出来る。 06/19 16:49

2019年11月、米テスラは、開発中の全電気式、バッテリー駆動の小型商用車「テスラ・サイバートラック(Tesla Cybertruck)」を発表した。 06/10 11:32

RENESIS水素ロータリーエンジン~水素内燃機関はレシプロよりREが有利だ(画像: マツダの発表資料より)

本当に地球環境に優しい、究極のクリーンカーは「燃料電池車」と「水素エンジン車」しか存在しない。 06/08 12:02

「自家発電する電気自動車」燃料電池車トヨタMIRAI(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

本当に地球環境に優しい、究極のクリーンカーは「燃料電池車」と「水素エンジン車」しか存在しない。 06/04 06:31

一目で欲しくなるデザインのいすゞ117クーペ。©sawahajime

現役時代に、技術者相手によく嫌ごとを云っていた。 05/26 13:50

助手席への設置は事故の際、エアバッグが頭部を直撃するのでNG、後部座席に後ろ向きにセッティングする ©sawahajime

2人目の孫が誕生して、久しぶりに「チャイルドシート」の使用を再開した。 05/21 20:05

トヨタのCM「トヨタイムス」で、社長が好きな車を聞かれて、一番好きな車は「うるさくて、ガソリンくさくて」 (画像: トヨタ自動車発表資料より)

前回、自動車は将来的には2極分化すると筆者の持論を展開した。 05/20 17:39

トヨタTRI-P4自動運転実験車両(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

車は将来的に、自動運転の技術が進歩して、単なる「移動」や「運搬」手段としての「搬送車両」と、スポーツカー・レーシングカーに代表される趣味性が高い「乗り物」の2極に分化して発展するだろう。 05/18 16:30

免許証返納を考える年代になる様な、余程昔に免許を取った人でもない限り、「クランク棒」でエンジン始動した経験がある人なんて滅多に居ないはずだ。 04/17 12:32

Photo : 新型ラグジュアリースポーツ車(画像: マツダ使用許諾済み)

車の総合性能判断に際して、タイヤが重要な要因である事を、改めて印象付けられたのは、ポールフレール氏によるものが極めて大きい。 04/09 11:47

第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)

1970年の大気浄化法改正法は、通称マスキー法(Muskie Act)と呼ばれ、当時の米国ビッグ3はもとより、欧州メーカーも軒並み達成不能を表明、世界的に達成不能と云われた米国の排気ガス規制である。 04/04 18:04

 1 2 3  次へ進む

広告

広告