1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 環境・エコ
  4.  > HV・EV・FCV・エコカー
  5.  > 燃料電池自動車(1)

燃料電池自動車のニュース一覧

そこで現在、再び注目され始めたのは燃料電池自動車(FCV: Fuel Cell Vehicle)だ。 11/10 08:42

東京モーターショー2019で発表された「MIRAI Concept」。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

トヨタが、12月にFCVの新型・MIRAI(ミライ)を発売する予定だ。 11/06 08:08

燃料電池列車「HYBARI」(ひばり/HYdrogen-HYBrid Advanced Rail vehicle for Innovation)のイメージ

東日本旅客鉄道(JR東日本)、日立製作所、トヨタ自動車の3社は、水素を燃料とする燃料電池と蓄電池を電源とするハイブリッドシステムを搭載した試験車両を連携して開発することに合意したと発表した。 10/08 18:07

EV(電気自動車)の主要部品であるリチウムイオン電池の生産は、中国・韓国・日本の3国のメーカーで現在、占められている。 08/21 20:20

グローバルインフォメーションがレポート「EV(電気自動車)業界の新興企業」を発表

2020年は中国市場に牽引され世界的にEV(電気自動車)などのエコカーが普及するはずであった。 08/18 07:55

トヨタが供給する定格出力を50kWのFC発電機をトクヤマの本部製造所に設置、副生水素を使った発電装置の実証を行なう

株式会社トクヤマとトヨタ自動車は、燃料電池自動車(FCV)「MIRAI」に搭載されている燃料電池システム(FCシステム)を活用した定置式の燃料電池発電機(FC発電機)を山口県周南市のトクヤマ徳山製造所内に設置して、副生水素を利用した実証運転を開始した。 07/02 08:23

「自家発電する電気自動車」燃料電池車トヨタMIRAI(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

本当に地球環境に優しい、究極のクリーンカーは「燃料電池車」と「水素エンジン車」しか存在しない。 06/04 06:31

オリックス、3Qの純利益は前年比3.4%増の2,443億円 通期目標3,000億円達成に向け順調に進捗

矢野人麿呂氏:オリックス財経本部長の矢野です。 04/14 20:27

Photo:太陽光発電システムのパネルと直結コンセント ©sawahajime

電気自動車(EV)を災害時の非常電源に利用できると、「フル充電したEVで一家が〇日暮らせる」とやっているのを見た記憶がある。 03/20 12:18

GfK Japanが電気自動車・燃料電池自動車に関する消費者調査を実施

地球温暖化や持続可能な社会という観点からCO2排出量の少ない環境に優しい車が注目されている。 11/20 09:25

東京モーターショーと連携してトヨタがMEGA WEB会場で開催するFUTURE EXPOにおいて、新型FCV「MIRAI Concept」を初公開する

「東京モーターショー2019」を10日後に控えて自動車各社の情報が洩れ伝わってきた。 10/14 18:21

トヨタ本社工場に設置したFC発電機、大きさは2.3×4.5×2.5 mで定格出力100kWだという

トヨタ自動車は、燃料電池自動車(FCV)MIRAIに搭載されている燃料電池システム(FCシステム)を活用した定置式の燃料電池発電機(FC発電機)を開発し、愛知県豊田市の本社工場敷地内に設置して、実証運転を開始したと発表した。 09/22 21:37

水素燃料関連の国内市場の推移。(画像: 富士経済の発表資料より)

富士経済が9日に発表した水素燃料関連の国内市場調査結果によると、水素ステーション設置など国レベルの取り組みが加速し、市場は今後大幅に拡大すると予測している。 08/13 20:20

トヨタ「MIRAI」(画像: オリックス自動車の発表資料より)

オリックス自動車は9日、燃料電池自動車であるトヨタ「MIRAI」をカーシェアリング業界で初めて導入することを発表した。 08/13 11:28

 1 2 3 4 5  次へ進む