テレワーク実施率は5.6% LINEユーザー約8300万人対象の調査結果

2020年4月11日 10:12

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて政府は緊急事態宣言を行なった。この際の会見では「オフィスでの仕事は原則自宅で行う」などの要請が行われたが、いわゆる在宅勤務(リモートワーク、テレワーク)の実施率は全国で5.6%に過ぎないという(ロイター)。

 これは、厚生労働省がLINEに委託し、約8300万人を対象に実施した全国調査(過去記事)で明らかになったもの。これとは別にパーソル総合研究所インターネットで調査した結果(有効回答2万1148件)では、テレワークの実施率は13.2%だった。 実施されていない86.8%のうち、33.7%が「希望しているができていない」と回答したという。

 実施していない理由としては「テレワーク制度が整備されていない」(41.4%)、「テレワークで行える業務ではない」(39.5%)、「テレワークのためのICT(情報通信技術)環境が整備されていない」(17.5%)などが挙げられている。これに対しロイターの記事では、『企業経営者の「無理解」もかなり深刻ということではないか』と指摘されている。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス

 関連ストーリー:
リモートワーク用の職場監視ソフトはまるで「デジタル刑務所」 2017年11月10日
リクルートが正社員以外も含む全社員にリモートワークを導入へ 2015年12月25日
厚労省とLINEによる新型コロナウイルス対策のためのオンライン調査、約2454万件の回答が集まる 2020年04月07日
スラドに聞け:「テレワークしろ、楽だろ?最高だろ?」、かえって迷惑じゃないですか? 2020年03月26日
新型肺炎の感染例増加を受けて在宅勤務を指示する企業が増加 2020年02月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード厚生労働省LINE在宅勤務新型コロナウイルス

関連記事