1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 厚生労働省(1)

厚生労働省のニュース一覧

入力画像(左)と独自AIモデルによる認識結果(右)。黄色:積雪42.0%、ピンク色:圧雪 25.7%、緑色:黒シャーベット 32.3%となっている。(画像: ウェザーニューズの発表資料より)

ウェザーニューズ(千葉県美浜区)は、雪道など道路状況を把握できる「AI(人工知能)道路管理支援システム」プロトタイプを2月8日に公表した。 02/19 21:30

パーソル総合研究所の発表によると、条件付きも含めて副業を許可している企業と全面的に禁止している企業の割合が拮抗していることが分かった。 02/16 21:49

パーソル総合研究所の発表によると、正社員の約1割が何らかの副業をしており、収入とともに本業に良い影響がある一方、過重労働などの良くない影響も一部で生じていることが分かった。 02/13 14:03

パワーアシストスーツ市場規模と予測。(日本能率協会総合研究所発表資料より)

日本能率協会総合研究所(東京都港区)は5日、パワーアシストスーツ国内市場に関する市場規模調査の予想結果を発表した。 02/07 21:35

ヘルステック・健康ソリューション関連国内市場(画像: 富士経済発表資料より)

富士経済は5日、企業における働き方改革や健康意識を背景に高まりを見せるヘルステック・健康ソリューション関連国内市場の調査結果を発表した。 02/06 21:08

画像はイメージです。

昨年12月16日の北日本新聞(富山県)・電子版で「入浴週1回しか・・・ 生活保護費7割世帯で減額 県弁護士会18日に無料相談“迷わず電話を”」と題する記事に接した。 02/05 15:55

「法律の趣旨は何だ?」と、私はよく官僚や役人には問いかける。 01/31 14:25

厚生労働省の「毎月勤労統計」で不適切な取り扱いがあった問題では、統計処理を行うプログラムがCOBOLで実装されており、それが計算上のミスの原因であるような話も出ていたが、Excelで統計処理が行われていた経済産業省の「貴金属流通統計調査」でも、関数設定を間違えていたために不適切な値が公表されていたことが分かったという。 01/26 12:37

新田真剣佑、杉咲花、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、橋本環奈らが出演する、安楽死志願の未成年12人による密室サスペンス『十二人の死にたい子どもたち』。写真:『十二人の死にたい子どもたち』と厚生労働省のタイアップポスター (C) 2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

新田真剣佑、杉咲花、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、橋本環奈らが出演する、安楽死志願の未成年12人による密室サスペンス『十二人の死にたい子どもたち』。 01/24 16:21

2017年に産婦人科・産科を掲げる病院は前年比19減の1313施設で過去最少を記録した。出産難民となる母親を減らすために医療機関の現状分析と改善が急務だ。

毎年の出生数が過去最低を更新し続ける中、政府も少子化を食い止めるための対策を講じ続けている。 01/23 09:56

アフラック生命保険がキャンサー・ソリューションズと共同で「がんと就労に関する意識調査」を実施した。がん患者と周囲との考え方には大きな差があり、病気でも働きやすい職場環境が求められる。

成人した日本人の多くは自ら働く事を望んでいる。 01/21 09:35

給料を時間給で払うのではなく成果で評価しようという動きも見られている。脱時間給にはメリットもデメリットもあるが、今後成果主義の脱時間給が普及するか注目だ。

働き方改革が始まり、各企業が残業時間の縮小や職場環境改善に励んでいる一方、給料を時間給で払うのではなく成果で評価しようという動きも見られている。 01/17 12:14

厚生労働省は医師の労働時間について、退勤と次の出勤の間のインターバルを9時間にする方向で検討に入った。医師の待遇改善など医師の数を増やす努力も必要になるだろう。

厚生労働省は長時間労働が問題視されている医師の労働時間について、退勤と次の出勤の間のインターバルを9時間にする方向で検討に入った。 01/16 10:07

正月休みなどの長期休みが終わった直後は心の疲れがより顕著に表れ自殺に至ることもあるので注意が必要だ。自分の心の疲れを敏感に感じながら適切に対処していくべきだろう。

自分の心が疲れていることに気づく人はそう多くない。 01/15 08:39

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告