1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 厚生労働省(1)

厚生労働省のニュース一覧

厚生労働省は複数の病院の医療を遠隔で援する仕組みづくりを始める方向で検討に入った

厚生労働省は複数の病院の医療を遠隔で支援する仕組みづくりを始める方向で検討に入った。 10/18 11:50

厚生労働省は保育ママ制度の普及に努めている。保育ママの増加によって、より質の高い保育が提供されることを期待したい

政府が設定している2020年度末までに待機児童をゼロにする目標を達成するため、厚生労働省は家庭的保育事業、いわゆる保育ママ制度の普及に努めている。 10/17 09:53

厚労省が労働経済動向調査(8月)の概況を公表。労働者過不足DIは、正社員で建設が51、情報通信が56、運輸等が54。

深刻な人手不足の状況が続いている。 10/16 09:25

厚労省が「平成29年国民健康・栄養調査」の結果を公表。65歳以上の低栄養傾向の者の割合は、男性13%、女性20%。外出していない男性の低栄養傾向の者の割合は、外出している者と比べ約20ポイント高い。

医療技術の進歩や保健情報の普及によって現代の高齢者は健康で元気だ。 10/12 09:59

全身持久力基準の達成回数と高血圧発症リスクとの関係(画像: 東北大学発表資料より)

東北大学と東京ガスおよび医薬基盤・健康・栄養研究所とは共同で勤労者男性6,653人を23年間追跡調査して、全身持久力の基準を3年以上達成しているグループは、達していないグループと比較して高血圧の発症リスクが低くなることを発見した。 10/11 08:06

ワークスタイル変革ソリューション市場規模の推移と予測。2020年度には5千億円を超える見通しだ。(画像:矢野経済研究所発表資料より)

9日、矢野経済研究所は「ワークスタイル変革ソリューション市場調査」の結果を発表、国内市場規模は拡大が続き、2020年度で5千億円を超える見通しと予測している。 10/10 11:37

最近行われた調査では、2017年に単身で無職の世帯が過去最多になったことが分かった。今後は高齢化社会とそれに伴う世帯の変化に合わせて、政策を練り直していくことが必要となる。

最近行われた調査では、2017年に単身で無職の世帯が過去最多になったことが分かった。 10/09 09:54

正社員が不足していると回答した事業所の割合が比較可能な1999年以降2番目に高い水準となった。日本を支える中小企業が生き残るために、労働者確保のための政策が期待される。

厚生労働省が発表した労働経済動向調査によれば、正社員が不足していると回答した事業所の割合が比較可能な1999年以降2番目に高い水準となった。 10/09 09:52

小笠原 隆夫

厚生労働省が発表した2018年版「労働経済の分析(労働経済白書)」の中で、役職に就いていない社員に昇進への考えを調べたところ、「管理職以上に昇進したいとは思わない」が61・1%に上り、「管理職以上に昇進したい」は38・9%にとどまっていたとの報道がありました。 10/03 18:39

厚生労働省が発表している賃金統計から算出した「賃金伸び率」は実態を表しておらず「当てにならない」ことを政府の統計員会が認めたという(東京新聞)。 10/03 18:32

2015年の法改正により廃止が決まっていた「特定労働者派遣」だが(過去記事)、2018年9月30日をもって経過措置期間が終わり、完全に終了となった。 10/03 09:37

三菱電機で2014年から2017年にかけて、5人が長時間労働で心身に異常をきたしたとして労災認定されていたことが明らかになった。 09/28 23:36

厚生労働省はパワハラの防止策の策定を企業に義務付ける法整備を行う方向で検討に入った

厚生労働省はパワハラの防止策の策定を企業に義務付ける法整備を行う方向で検討に入った。 09/27 13:59

労働政策研究・研修機構の調査で、会社員の副業・兼業について許可の予定がないと答えた企業は全体の75.8パーセントに上ったことが分かった。副業解禁にあたっては、企業の懸念を十分に理解したガイドラインなどが必要になるだろう。

厚生労働省所管の労働政策研究・研修機構の調査で、政府の推進する会社員の副業・兼業について許可の予定がないと答えた企業は全体の75.8パーセントに上ったことが分かった。 09/23 22:57

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告