12月のパート・アルバイト時給は東・西日本ともに上昇 アイデム調査

2020年1月16日 16:45

小

中

大

印刷

 アイデムの発表によると、2019年12月のパート・アルバイト時給は増加が続き、東日本・西日本ともに前年同月を上回ったことが分かった。

【こちらも】11月のバイト時給は1111円 前年比は39カ月連続増加 バイトル調査

■東日本、西日本ともに前年同月比プラス

 15日、求人サイト「イーアイデム」などを運営するアイデムが2019年12月のパート・アルバイトの募集時平均時給を発表した。

 東日本エリアの平均時給は前年同月比4.8%増の1,153円だった。職種別大分類では、製造関連・ドライバー職が同7.8%増の1,080円、その他が同4.4%増の1,069円となるなど、7職種の全てでプラスとなっている。

 西日本エリアの平均時給は同7.8%増の1,133円だった。職種別大分類では製造関連・ドライバー職が同4.7%増となるなど、6つの職種でプラスだった。唯一、事務職のみマイナスだったものの、平均時給は同0.4%減の972円とわずかなマイナスに留まっている。

■関東では埼玉や千葉が高い伸び

 関東4都県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の平均時給は前年同月比5.6%増の1,171円。東日本同様に職種別の大分類では全ての職種でプラスとなっている。

 都県別では、東京都が同4.3%増の1,174円、神奈川県が同5.7%増の1,215円、埼玉県が同7.4%増の1,137円、千葉県が同7.0%増の1,147円となり、特に埼玉県の専門・技術職(時給:1,606円、前年同月比10.2%増、以下同じ)、製造関連・ドライバー職(1,106円、10.0%)で2桁の伸びとなっている。

■京都府が2桁の伸び

 関西3府県(大阪府、兵庫県、京都府)の平均時給は前年同月比9.6%増の1,168円。職種別の大分類では事務職のみ同0.7%減の981円だったものの、製造関連・ドライバー職が同5.5%増の1,042円など、他の6つの職種でプラスとなっている。

 府県別では、大阪府が同9.4%増の1,197円、兵庫県が同9.4%増の1,121円、京都府が同10.6%増の1,158円といずれも大きく伸びている。特に京都府のその他(1,158円、22.7%増)が大きく伸びた他、兵庫県のその他(993円、7.0%増)と製造関連・ドライバー職(1,033円、6.5%増)で比較的高い伸びとなっている。(記事:県田勢・記事一覧を見る

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
  • 新型フィット・e:HEV HOME(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • シャポー市川リニューアルのイメージ(JR東日本都市開発発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース