高度外国人材、1万5千人超に 中国出身者が約7割

2019年6月27日 07:33

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 政府は高度な能力、資質を持つ外国人材を対象に「学歴」「職歴」「年収」といった項目ごとにポイントを設け、合計が70点に達する等の要件に該当した外国人を「高度外国人材」と認定し、出入国管理上の優遇措置を付与している。優秀な外国人材を受け入れイノベーションを加速し、生産性を向上させる狙いがあり、2022年末までに2万人の高度外国人材認定を目指している。これまでに1万5000人を超えた。

 総務省が高度外国人材1万572人を対象に出身地や学歴、年収、勤務期間などを調査(学歴、年収は無作為抽出の500人を調査)した結果、66.1%が中国出身者で、米国(4.6%)、インド(4.3%)が続いた。

 年収は平均で757万7000円。勤務期間では10年以上が76.4%と最も多く、3年以上10年未満が21.8%だった。

 企業が外国人材を求める理由(複数回答)で最も多かったのは「海外での事業展開、海外企業との取引強化」「外国人としての感性や国際感覚などの強みに発揮」がいずれも6割を超え、次いで多かったのは「業務の効率化・生産性の向上」(32.7%)だった。「日本人採用だけでは優秀な人材を確保できない」という回答も49.1%に上った。

 なお、高度外国人でない257人からヒアリングした結果、認定基準の70点に達する人が45.5%に上っていたが、その半数は「高度人材ポイント制を良く知らない」と回答していた。法務省では「、関係業界・大学の所管省庁の 協力を得ながら、高度人材ポイント制の 一層の周知を図る」としている。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
国際化を徹底して進める大学を重点支援 文科省
日本の総人口は減る一方。8年連続で人口減少
外国人の子どもの就学状況把握など指示 文科省

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国

広告

広告

写真で見るニュース

  • 国内では2019年秋に一般公開予定のBMW・8シリーズ グランクーペ(画像: BMWの発表資料より)
  • 実験実施時の様子。(画像:大阪大学発表資料より)
  • アウトバーストを起こす超大質量ブラックホール (c)  X-ray: NASA/CXO/CSIC-INTA/G.Miniutti et al.; Optical: DSS
  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース