トヨタ、電動化計画を5年前倒し グループで開発が進む電動関連技術

2019年6月16日 22:09

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

トヨタが、2020年に日本市場向けに発売する2人乗りの超小型EV

トヨタが、2020年に日本市場向けに発売する2人乗りの超小型EV[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタは6月上旬に自動車電動化に向けた説明会を開催した。ほかにもさまざまな関連情報が伝わってくる。それらをまとめると、トヨタは2017年12月に発表した電動化計画を5年前倒して達成する。

 トヨタの2017年12月の電動化計画では、世界で販売するクルマの約半数、台数で約550万台を、2030年までに電動車両にするとしていた。内容はハイブリッド車(HV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の合計で約450万台、完全なZEV(Zero Emission Vehicle)であるピュア電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)の合計が約100万台だった。これを2025年に達成するというものだ。

 この計画達成に向けてトヨタは今後、新たな取り組みを進める。まず、世界で販売するEVに専用の開発手法を適用し、開発・生産効率を高める。そして、高効率で長寿命のリチウムイオン電池を、世界規模で安定的に調達する体制を作る。加えて、日本市場に向けて超小型EVを投入するとしたのである。

 EV専用の開発手法「e-TNGA」は、トヨタの「TNGA」の電動車両版で, SUBARUと共同で開発している。e-TNGAで開発するのは、中型以上のC~DセグメントのEVで、いずれもグローバル市場を対象としたEVだ。が、当初はEVの販売台数が現時点では相対的に多くなると思われる中国、米国、欧州から投入していく。

 これらの国や地域は、燃費、CO2排出量やZEVに関する厳しい環境規制が存在しており、国策などでEVに対する優遇策があり、EV普及を促す規制・優遇策面が充実しているからだ。

 「e-TNGA」による専用プラットフォームを適用してSUBARUと開発する具体的な車両は、「中型セダン」「大型SUV」「中型SUV」「中型ミニバン」などを想定。モーターの搭載位置を変えることで、前輪駆動、後輪駆動、全輪駆動(AWD)のいずれにも対応可能だという。コンパクトEVは、スズキ、ダイハツと共同企画する。

 長寿命のリチウムイオン電池の安定供給おいて、トヨタの電池のパートナーとして、プライムアースEVエナジーを設立。さらに、既報のとおり、パナソニックと共同で新会社を準備している。また、提携するメーカーも増やす。具体的には、中国CATL(寧徳時代新能源科技)や東芝、GSユアサと新たに提携したという。

 第3の取り組みの日本市場に投入する超小型EVは、軽自動車より小さい車両になる。第1弾の車両をオリンピック&パラリンピックに向けて、2020年に発売する。これは2人乗りの車両で、航続距離約100km、最高速度は60km/hになる模様だ。さらに、二輪車に近い大きさの1~2人乗りの車両や、トヨタが「歩行領域」と呼ぶ立ち乗り型・座り乗り型の低速車の開発も進めている。立ち乗り型の車両は2020年に、座り乗り型の車両は2021年に発売する予定だ。

 トヨタは自動車会社からモビリティーカンパニーへの変革に向けて、新しいビジネスモデルの構築など体制作りを着々と進めてきた。今後も社会への貢献を視野に、これまでより幅広くオープンに協働事業者を募り、この取り組みを加速させていくとしている。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
ポルシェ、ブランドの尖兵「カイエン」のパワフルなPHEVモデル、日本正式発売
ジャガー・ランドローバーとBMW、電動パワートレーン開発で協業に合意
トヨタとSUBARU、EV専用プラットフォームで協働、電動SUV発売に踏み出す

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車SUVハイブリッド車電気自動車パナソニック燃料電池プラグインハイブリッドダイハツ工業スズキ東芝リチウムイオン電池GSユアサTNGA

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース