リチウムイオン電池のニュース一覧

矢野経済研究所が車載用リチウムイオン電池世界市場に関する調査

世界的な温室効果ガスCO2削減の取り組みの中でxEV(電気自動車)が次世代の車両として期待され普及し始めている。 04/02 08:55

「トヨタ自動車が東京工業大学と共同で、正極と負極を電気が行き来し易い固体電解質を発見した。 03/15 16:46

日立造船は3日、3日に都内で開かれた展示会で世界最大級の容量を持つ全固体リチウムイオン電池を開発したと発表した。 03/06 19:20

昭和電工、新規連結した昭和電工マテリアルズの損益取り込みで増収も無機セグメントの不調で大幅減益

竹内元浩氏:CFOの竹内元浩でございます。 02/25 08:38

凸版印刷が貼るだけでリチウムイオン電池の火災を抑制するというフィルムを開発したそうだ。 02/17 17:12

住友化学、3Qは減収減益 石油化学、エネルギー・機能材料が奮わず営業利益は前年比-8.6%

佐々木啓吾氏:住友化学の佐々木でございます。 02/05 08:36

全固体リチウムイオン電池(写真:JAXAの発表資料より)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と日立造船は2日、宇宙での全固定リチウムイオン電池の実証実験に関して、共同研究契約を締結すると発表した。 02/05 08:18

電気自動車などに応用されているリチウムイオン電池は、さらなる高容量化が期待されている。 01/28 18:36

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)1/18、「キング牧師の生誕日」の祝日で休場。 01/21 08:54

富士経済が次世代電池の世界市場調査。全固体電池 2兆1014億円。高分子系などが先行するが、xEV向けを硫化物系が大きく伸びる

EV(電気自動車)の登場、普及と相まって新たな電池の研究・開発が進んでいる。 12/23 09:34

リチウム空気電池の模式図(画像: 物質・材料研究機構の発表資料より)

リチウム空気電池は、理論上では重量当たりのエネルギー密度が圧倒的に大きく「究極の2次電池」として期待されている。 12/04 08:12

現在リチウムイオン電池は電気自動車などの用途で広く使用されているが、発火や漏液による危険性が重要な課題とされている。 10/31 15:08

トヨタのパワーユニット。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

どうやら、トヨタはHV(ハイブリッド)を2021年から「低燃費車」として認めさせるのに成功したようだ。 10/22 15:31

今回の研究の概要。(画像: 東京大学の発表資料より)

リチウムイオン電池はモバイル機器や電気自動車などへの大きな社会的需要があり、さらなる高容量化および長寿命化が求められている。 09/10 07:49

シリコン切粉と膨張化黒鉛由来の黒鉛シートの複合体を用いたリチウムイオン電池負極(画像: 大阪大学の発表資料より)

自然エネルギー発電の需要増加に伴い、蓄電システムに使用するリチウムイオン電池の需要も大幅に高まっている。 09/05 08:32

エネルギー密度2倍と言われる全固体電池の開発が、いよいよ大詰めである。 09/03 07:50

EV(電気自動車)の主要部品であるリチウムイオン電池の生産は、中国・韓国・日本の3国のメーカーで現在、占められている。 08/21 20:20

日本マイクロニクスは8月11日、リチウムイオン電池とも電気二重層キャパシタとも異なる電池を目指して開発してきた「battenice(バテナイス)」の開発中止を発表した。 08/17 21:52

 1 2 3 4 5 6  次へ進む