4月の倒産件数は645件、3カ月連続で前年比マイナスに 東京商工リサーチ調査

2019年5月15日 12:20

小

中

大

印刷

 東京商工リサーチの発表によると、4月の倒産件数が3カ月連続で前年同月比マイナスとなった一方、2カ月ぶりに負債総額が増加し1,000億円を越えたことが分かった。

【こちらも】18年度の倒産件数、8111件で10年連続マイナスに 東京商工リサーチ調査

■件数は3カ月連続で前年同月比マイナス

 14日、東京商工リサーチが4月度の企業倒産状況を発表した。2019年4月の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)件数は645件で、前年同月比0.7%(5件)減となり、2月から3カ月連続でマイナスとなった。またここ30年間においては、1990年4月の526件についで倒産件数が少ない数字となっている。

■大型倒産が2カ月ぶりに発生

 4月の倒産における負債総額は1,069億1,600万円で、前年同月比11.9%増となり、2カ月ぶりにプラスとなるとともに、1,000億円を超えている。これは、ゴルフ場経営のワイ・ケイ・ジャパン(負債額:162億4,200万円)、パチンコホールやホテルを経営する土高興業(同110億円)が倒産し、負債額100億円以上の大型倒産が2カ月ぶりに発生したことが原因。

■サービス業他で倒産件数が増加

 前年同月比で倒産件数が増加した業種は、農・林・漁・鉱業が8件(前年同月比:114.28%増、以下同じ)、建設業が116件(1.75%増)、不動産業が21件(50.0%増)、運輸業が15件(15.38%増)、サービス業他が216件(3.68%増)。反対に倒産件数が減少した業種は、卸売業が76件(31.58%減)、小売業が88件(1.12%減)、金融・保険業が3件(25.00%減)、情報通信業が19件(24.00%減)。また製造業が83件で前年同月比変わらずとなっている。

■サービス業他で人手不足倒産が続く

 人手不足が原因の倒産件数は26件で、前年同月比13.3%(4件)減となり、3カ月ぶりにマイナスとなった。その内訳で最も多かったのは代表者の死亡や引退などによる「後継者難」で15件。その他の原因では「従業員退職型」が5件、「求人難型」が4件、「人件費高騰型」が2件。業種別ではサービス業他が11件と最も多く、1月から4月の累計でも人手不足関連倒産の119件中32件がサービス業他となっている。(記事:県田勢・記事一覧を見る

関連キーワード東京商工リサーチ倒産

広告