中枢神経薬市場、発達障害で拡大 認知症等ジェネリック化で全体として縮小傾向

2018年12月12日 09:33

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

富士経済が中枢神経薬品市場の調査結果を公表。ADHD治療剤に伸が見られるものの認知症治療剤などでジェネリックへの切り替えが進み縮小と予測。今年の市場は6866億円、前年比98%の見込み。

富士経済が中枢神経薬品市場の調査結果を公表。ADHD治療剤に伸が見られるものの認知症治療剤などでジェネリックへの切り替えが進み縮小と予測。今年の市場は6866億円、前年比98%の見込み。[写真拡大]

写真の拡大

 厚生労働省の患者調査で精神科患者の推移を見ると、1999年に204万人であったものが直近公表データの2014年では392万人と増加傾向で推移している。内訳をみると認知症患者の増加傾向が目立つ。うつ病を含む気分障害は99年に44万人、05年に92万人、14年には112万人と増加傾向であるが伸び率は鈍化しているようだ。

 精神疾患の場合、統計数字は疾患それ自体ではなく認知件数の推移ではないかと指摘されることが多い。そして認知件数の増加の背景には効果的な新薬の登場があるケースが少なくない。90年代末から00年代初めにかけてうつ病患者が急増している背景には80年代に米国でSSRIという有効な新薬が開発され、90年代に厚生省がこの使用を認可したからだと指摘される。

 日本での精神科における治療は中枢神経作用薬による、いわゆる薬物療法が中心だ。20日、富士経済が中枢神経領域の医療用医薬品国内市場のレポートを公表している。

 レポートによれば、うつ病や社会不安障害、PTSDなどに適用される抗うつ剤の市場規模の18年見込みは1247億円で、対前年比は98.0%と縮小で推移するとなっている。SSRIを主力とする抗うつ剤自体は実績を伸ばしているものの大型ジェネリック製品が発売され、今後もジェネリックへの切り替えが進むことから26年の予測市場規模は1202億円で対17年比94.5%までに縮小するとされている。

 これに対して近年増加傾向で推移しているのが発達障害の一つであるADHDの治療薬で、18年市場規模は372億円と推計、26年の予測値は514億円と大きく規模を拡大すると予測されている。ADHD治療薬は小児治療薬の発売が続くと見込まれるとともに、成人ADHDへの適用が拡大され、これに伴い市場規模はしばらく大きく拡大傾向で推移するものの、本剤においてもジェネリック剤の発売が予定されており、しだいに伸び率は鈍化すると予測されている。

 この他、統合失調症や認知症の治療薬でもジェネリックへの切り替えが進んでいることから、精神科領域の中枢神経系作用剤全体の市場規模は、18年の見込みが6866億円で17年比98.0%と縮小、26年予測値が6820億円で同97.3%と縮小傾向が維持されると予測されている。

 有効な新薬の登場は完治に至らないまでも患者に希望を与える。新薬の開発が高付加価値に結びつき、これが新薬開発のモチベーションを高めることになる。ジェネリックの発売と相まって安価で効果的な薬が普及することを期待する。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
インフル本格流行直前! ワクチン不足を乗り切るスーパーフード
消費増税で揺れる医療界 税還付求める
再生医療、研究技術の進歩加速。臨床応用市場は急拡大。~富士経済予測

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード認知症厚生労働省発達障害富士経済統合失調症

広告

写真で見るニュース

  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
  • 新型Audi A1 Sportback(写真:アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース