1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > IT・情報通信業
  5.  > 富士経済(1)

富士経済のニュース一覧

富士経済がペット関連商品の国内市場を調査。2019年の国内市場は18年比2.8%増の4771億円。飼育数減少で犬用は苦戦、猫用は好調を維持、市場をけん引。室内飼育増加によりケア用品は市場拡大。

昨年12月に公表された一般社団法人ペットフード協会の2019年全国犬猫飼育実態調査の結果をみると、19年の犬の飼育頭数は879.7万頭で前年の890.3万頭に比べ減少している。 06/29 08:33

中国のEV向けパワートレインの先進企業LEADRIVEとロームがSiC 搭載車載インバータ開発用の共同研究所を開設。SiCパワーモジュールの開発加速に期待

富士経済が2020年6月に発表した調査結果によると、2019年に2兆9141億円だった世界のパワー半導体市場は、2030年までに4兆2652億円に達すると見込んでいる。 06/28 19:20

富士経済が電力小売市場を調査。19年の市場は14.7兆円、前年比98.6%、旧一般電気事業者と新電力による価格競争の激化 により縮小しているが長期的には拡大し30年度には15.3兆円と予測。

地球温暖化と関連し再生エネルギー発電が注目を浴びている。 04/21 07:49

富士経済が画像処理システムの世界市場を調査。カメラ、デバイス関連では米中摩擦の影響で19年は縮小

画像処理技術の進歩が社会を大きく変えようとしている。 04/03 08:42

富士経済が新型・次世代太陽電池の世界市場を調査。2019年の既存太陽電池(結晶シリコン等)市場は4兆1730億円

地球温暖化対策として再生可能エネルギーの利用が注目を浴びている。 03/13 07:42

2035年のEVの新車販売台数は、2018年比で16.9倍となる2202万台にまで拡大すると見込んでいる。

富士経済が2019年に発表した調査結果によると、欧州や中国の自動車メーカーを中心に電気自動車(EV)の製品投入が盛んになっており、2021年にはハイブリッド自動車(HV)の販売台数を上回る見通しだ。 02/23 19:19

富士経済がセキュリティ関連の機器・システム・サービスについて調査

AIやIoTなど情報通信技術の進化は業務の効率化や生活の利便性を向上させるものだ。 02/18 08:34

富士経済が次世代物流システム・ビジネス市場を調査

近年、インターネットを介した通信販売が急拡大し宅配など物流部門への需要は急激に拡大している。 01/29 08:15

日本では現在、新車販売台数の30%以上がxEVといわれているが、他国をみてみると、アメリカが4%、フランスでも4.8%と、まだ普及途上であることが分かる

次世代パワー半導体として注目されるシリコンカーバイド(SiC:炭化ケイ素、以下、SiC)の業界において、大きな動きがあった。 01/26 19:34

富士経済がスマート工場を構築するシステム・製品の世界市場の調査。2025年のモノづくり向けAIシステム市場は3080億円、18年比5.6倍。スマート工場関連市場は6兆9は543億円で3.0倍にと予測。

日本は深刻な人手不足の状態にある。 11/19 09:19

今年3月11日の財経新聞:経済欄に<「ネコノミクス」の経済効果は「大阪万博効果」を上回る>と題する原稿を投稿した。 11/06 07:55

富士経済、主要16ヵ国のEV/PHV向け充電インフラ市場を調査。充電インフラは中米を中心に普及が加速。2019年の急速充電器ストックは中国23万740個(76%増)、米国1万5970個、日本7650個。

エネルギー・環境問題の高まりとともにエネルギー効率やCO2排出量の観点からEV(電気自動車)やPHV(プラグインハイブリッド自動車)が注目を浴びている。 10/15 18:22

富士経済が介護・福祉関連製品・サービスの国内市場を調査。福祉車両が縮小見込みのものの高齢者人口増により市場は拡大傾向。人材不足解消のためIT化が進んでおり、この分野の市場も急拡大と予測。

日本ではかねてから予測されていたとおり急速な高齢化が進んでいる。 10/06 19:54

富士経済が26日に発表した臨床検査世界市場の調査結果によると、中国を中心とするアジアが大きく伸長するとともに、先進国でも遺伝子検査や病理検査など先進的な検査への需要が堅調であることから、市場は拡大するという。 08/28 18:52

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告