1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 認知症(1)

認知症のニュース一覧

富士経済が中枢神経薬品市場の調査結果を公表。ADHD治療剤に伸が見られるものの認知症治療剤などでジェネリックへの切り替えが進み縮小と予測。今年の市場は6866億円、前年比98%の見込み。

厚生労働省の患者調査で精神科患者の推移を見ると、1999年に204万人であったものが直近公表データの2014年では392万人と増加傾向で推移している。 12/12 09:33

来たる2025年問題に備えて、今から十分な対策と備えが必要になるだろう。各家庭でも自分や両親の老後について家族と話し合う、私的年金を活用するなどして対策を講じるべきだ。

高齢化によって深刻さを増す人材不足や公的年金の危機が叫ばれるようになってきた。 12/07 09:06

シドニー大学が科学雑誌『セル・リポーツ』に、新たな研究結果を発表した。 12/04 11:16

リボン少額短期保険が「認知症に関するアンケート調査」を実施。 認知症について関心のある情報は「治療」「介護方法」が6割弱。今後の不安は継続介護の不安がトップ。介護者の精神状態も不安、6割超。

認知症は高齢者に好発の精神疾患である。 11/08 09:24

農薬が認知症などの原因となっているという研究結果が発表されたそうだ。 10/30 09:29

機能性表示食品や特定保健用食品(トクホ)など、新しい制度もでき、健康食品ブームと言われている

健康・美容志向の高まりによって、健康・機能性食品市場は年々拡大している。 10/21 17:37

創業時(1992年)は緊急用酸素蘇生機の販売を行っていたプラッツがその後、医療用備品なども手掛け「介護用ベッド」の世界に足を踏み入れたのは約5年後の97年のこと。 10/12 21:17

政府の統計によると、2012年には462万人だった認知症患者は25年には700万人規模(高齢者の5人に1人)になるという。 10/01 11:42

近年、口と健康は密接な関係があると医学的に言われている。 09/07 21:35

最優秀賞を受賞した2研究テーマのイメージ(写真:NEDOの発表資料より)

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は8日、人工知能(AI)の社会実装を進めることを目的に、優れたAIベンチャー企業の研究テーマ6件を採択したと発表した。 08/09 19:06

鉄道各社にとり今後を展望する時に、沿線に保有する不動産の有効活用がポイントとなる。 07/18 17:50

シニアコムが「高齢者の自動車運転」に関するアンケート調査を実施。50歳以上のシニアの運転免許証の所有率は77.1%。免許証の返納を考えている割合は36.6%。返納時期は75歳以上85歳未満が全体の6割。

FNNプライムの報道によれば、昨年1年間に起きた75歳以上の高齢ドライバーによる死亡事故の件数は418件で、全ての死亡事故に占める割合は12.9%にのぼる。 07/02 08:32

厚生労働省の調査によると、2012年時点での認知症患者は約462万人、認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)は約400万人と推計されている

超高齢社会を迎えた我が国にとって、深刻な社会問題となっているのが「認知症」だ。 06/10 23:02

画像はイメージです。

長らく心理学者のあいだでは、高齢者の鬱病と脳の老化に関連があるのではと推測されてきた。 06/01 12:02

 1 2 3 4 5  次へ進む

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告