経済 RSS

 

仮想通貨イーサリアムがフラッシュクラッシュ、下落率が一時99.97%に

2017年7月10日 07:51

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

ビットコインに次ぐ時価総額となっている仮想通貨、イーサリアムが、米時間21日に瞬時の急落に見舞われた。

ビットコインに次ぐ時価総額となっている仮想通貨、イーサリアムが、米時間21日に瞬時の急落に見舞われた。[写真拡大]

写真の拡大

 ビットコインに次ぐ時価総額となっている仮想通貨、イーサリアムが、米時間21日に瞬時の急落に見舞われた。数百万ドルのイーサリアム売り・ドル買いの注文が発端となり、相場が3割近く下げ、損失拡大を防ぐための売り注文殺到などから一時的に1ETH/1.10ドル(約123円、下落率99.97%)で取引された。これにはネットワーク混雑による取引成立の遅れなど、システムによる要因も大きく影響したようだ。その後はひとまず落ち着きを取り戻しており、現在1ETH/3万円台前半で取引されている。

【こちらも】トヨタなど、ブロックチェーン技術「イーサリアム」企業連合に参加

 イーサリアムの今年に入ってからの値上がり率は4000%近くとなっており、時価総額首位のビットコインを追い抜く勢いで伸びてきている。3月にはシェア約90%だったビットコインが現在は5割弱に低下。一方、イーサリアムのシェアは4倍に拡大し、25%強に達している。技術的には、イーサリアムは仮想通貨の醍醐味でもある「スマートコントラクト(中央機関なしの契約自動執行)」において、定義が柔軟に行えるといった特徴がある。そうしたことから今後仮想通貨におけるシェア拡大や技術の応用に期待がもたれており、マイニング(採掘)事業者やテクノロジー企業などからの注目度も高い。最近ではジョン・マカフィー率いるMGTキャピタルが、イーサリアムのマイニング開始したほか、ロシアのプーチン大統領も支持を表明している。

 投資家にとっては価格変動率が大きく短期間に大きく稼げる可能性のある魅力的な市場だ。仮想通貨市場全般でいえることだが、1日2日で価格が10~20%上下することもざらにあり、主に投機目的での購入者増加から、市場は急拡大を続けてきた。ただし、今回の一時的なフラッシュクラッシュのようにバブルがはじける可能性が常にあることも忘れてはならない。ビットコインをはじめとする仮想通貨では、規格の変更やシステムに発生するトラブルなどの不安定要素から、通貨が主流として受け入れられるかどうかの不安が強まっている。このため投資先仮想通貨の乗り換えや分散投資への切り替えも頻繁に行われており、市場ではイーサリアムのみならず、仮想通貨全体の相場動向が注目されている。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
国内ブロックチェーン関連ソリューション市場今後急速に拡大 2021年には298億円に
ビットコイン、初の2700ドル台を記録 スケール拡大の背景とは
ビッグカメラなどビットコイン決済導入 対応店舗26万店へ
ビットコイン取引が急増 日本では中国を超えて取引高が首位へ
伸びる仮想通貨の取引 ビットコインの自動売買が可能に

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードジョン・マカフィーウラジーミル・プーチン仮想通貨イーサリアム

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース