トヨタなど、ブロックチェーン技術「イーサリアム」企業連合に参加

2017年5月24日 19:07

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 ブロックチェーン技術「Ethereum」の活用に共同で取り組む企業連合「エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(EEA)」にトヨタ自動車や三菱東京UFJ銀行が加わった(ブルームバーグCNET Japan日経新聞)。

 イーサリアムはブロックチェーンを使ってさまざまな情報を格納するためのシステム基盤。相互監視型で管理者が要らないオープンな仕組みと、企業ニーズに応じた閉鎖的なシステムを共存させられる。契約に関する情報をブロックチェーンに書き込めるため、仮想通貨以外にも不動産取引などさまざまなビジネスシーンでの利用が想定されるという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | クラウド

 関連ストーリー:
P2P型の電力売買プラットフォーム「Brooklyn Microgrid」 2017年05月13日
Microsoft、Azure上でEthereum開発環境を提供 2015年11月16日
新たな暗号通貨/分散処理システムEthereum、ようやく稼働開始 2015年08月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタVR三菱東京UFJ銀行仮想通貨ブロックチェーン

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース