ホーム > ニュース一覧 > 化学・製薬業(4)

化学・製薬業のニュース(ページ 4)

資生堂、第2四半期は売上成長加速 売上高、営業利益、四半期純利益で過去最高を更新

マイケル・クームス氏:これより2019年度第2四半期および上期実績についてご説明します。
08/09 08:21

旭化成、通期は営業益増加 石化製品市況の悪化解消と住宅領域やヘルスケア領域の好調が貢献

柴田豊氏:最初に2018年度の決算のポイントを説明させていただくと、売上高、営業利益ともに過去最高を更新することができました。
07/29 21:41

東レ、通期は連結営業益が9.6%減少 原料価格の上昇と拡販の営業費及び製造固定費の増加が影響

日覺昭廣氏:はじめに2019年3月期決算の概要についてご説明します。
07/27 13:10

措置命令受けた大正製薬のマスク、消費者庁が実施の試験内容が不適切と反論

消費者庁が「花粉を水に変えるマスク」をうたう製品に対し合理的な根拠がないとして措置命令を出したことに対し、措置命令を受けた4社のうちの1社である大正製薬は不服としていたが、このたび同社が「消費者庁による措置命令に関する見解」なる文書を公開した。
07/17 08:59

大日本住友製薬、通期は減収減益で着地 国内での薬価改定や長期収載品の売上減少などが影響

野村博氏:2018年度のトピックスについては、みなさまご存じのとおりだと思いますので、説明は省略させていただきます。
07/09 20:17

帝人、通期はマテリアル・ヘルスケアともに販売好調で増収も、原燃料価格の上昇等で営業益は減少

園部芳久氏:2018年度の決算について、私からご説明申し上げます。
07/09 07:52

アース製薬、薬用せっけん「ミューズ」の販売から撤退へ

英Reckitt Benckiserグループが製造する薬用石けん「ミューズ」や食器洗い機用洗剤「フィニッシュ」について、日本での販売を行っているアース製薬がこれら製品の取り扱いをやめることが報じられている。
07/03 12:36

大塚HD、1Qは新製品群が大きく伸長して売上が拡大 臨床試験も計画どおりに進捗中

牧野祐子氏:2019年度第1四半期の連結業績についてご説明いたします。
05/22 22:58

女性が活躍する企業、花王の礎

5月18日のNIKKEI STYLE電子版で「女性管理職27% 花王は無理させぬ自由が活躍のカギ」と題する記事を読んだ。
05/20 16:08

沢井製薬、通期は増収増益 「オセルタミビル」など新製品・主力品が順調に推移

澤井光郎氏(以下、澤井光):みなさま、こんにちは。
05/17 22:06

武田薬品が踏み出す高額薬「成果報酬型」は日本にも根付くか?

「命の値段」。そんな4文字がメディアに登場した契機は、小野薬品工業が創ったいわゆるバイオ医薬品の「オプジーノ」(遺伝子組み換え製剤)だった。
05/14 09:27

資生堂の中国市場深耕ホップ・ステップ・ジャンプ

中国EC最大手のアリババが3月31日、「資生堂と戦略業務提携を締結した」と発表した。
05/12 16:56

エア・ウォーター、歯の再生医療に参入 2年後の事業化目指す

産業ガス大手のエア・ウォーター(大阪市中央区)は9日、歯の細胞を使った再生医療事業に参入すると発表した。
05/10 16:32

コスメ・化粧品業界でSNSマーケティングが加速 その理由は?

「口コミ」は消費者にとっての大きな情報源であると共に、店舗や企業などの生産者にとっては重要な宣伝ツールだ。
04/28 22:31

日本高純度化学、19年3月期は半導体需要低迷で業績目標に達せず

日本高純度化学【4973】は23日、2019年3月期決算を発表、売上高は前期比2.7%減の103億8,000万円、営業利益は同6.1%減の10億1,300万円、純利益は同1.8%増の8億4,400万円となった。
04/24 12:30

三洋化成工業、リチウムイオン電池「全樹脂電池」を量産へ

三洋化成工業が、電極を含めたほぼすべての構成要素を樹脂で形成する「全樹脂電池」を量産化するという。
04/22 20:07

赤チン、国内での製造が2020年で終了へ

かつて消毒薬として広く使われていた「赤チン」ことマーキュロクロム液の国内での製造が2020年で終了する(産経新聞、テレ朝NEWS、ITmedia)。
04/19 22:32

小林製薬の「あったらいいな」商法が見せつける力!

小林製薬は、「グループ従業員の健康増進を目的として、2019年4月から35歳以上の従業員とその家族(被扶養者)の定期健康診断において、人間ドック(日帰り)の費用を全部会社で負担することを決定」したと発表した。
04/08 17:11

資生堂の新研究開発拠点が本格稼働へ 市民との交流施設も 横浜で

資生堂(東京都中央区)は2日、横浜市西区の横浜みなとみらい21地区に建設した新しい研究開発拠点「資生堂グローバルイノベーションセンター(GIC)」が、4月から本格稼働すると発表した。
04/02 21:50

資生堂、アリババと提携し中国向け新商品開発を強化 連携オフィスも開設

資生堂は3月31日、中国市場向け商品開発等を強化するため、中国のアリババグループ(Alibaba Group Holding Limited)と 戦略業務提携を締結した。
04/01 19:10

ジェネリックメーカーのサバイバル策を富士製薬の戦略にみる

富士製薬工業のIRセミナーを覗いた。
03/27 18:51

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9  次へ進む