モデルナ、インフルエンザ用mRNAワクチンの臨床試験を開始

2021年7月11日 18:47

印刷

記事提供元:スラド

モデルナは 7 日、同社初となる季節性インフルエンザ mRNA ワクチン候補 mRNA-1010 の第 1/2 相試験で最初の被験者に接種を行ったことを発表した(ニュースリリースThe Verge の記事Ars Technica の記事SlashGear の記事)。

mRNA-1010 は A 型インフルエンザウイルス (H1N1 および H3N2)、B 型インフルエンザウイルス (山形系統およびビクトリア系統) に対応する 4 価ワクチンだ。第 1/2 相試験は米国の健康な 18 歳以上の成人に対する mRNA-1010 の安全性や反応原性、免疫原性を評価するもので、およそ 180 人の被験者を予定しているという。

現在のインフルエンザワクチンは 40 ~ 60 % 程度しか効き目がなく、流行株を半年以上前に予想して培養を始める必要がある。mRNA ワクチンは短期間で製造でき、より高い効果が期待される。インフルエンザ用 mRNA ワクチンを開発しているのはモデルナだけではない。6 月にはサノフィとトランスレートバイオが H3N2 用 mRNA ワクチンの第 1 相試験を開始している。

モデルナではインフルエンザに加えて SARS-CoV-2 (COVID-19 の原因となる新型コロナウイルス) と RSウイルス (RSV)、ヒトメタニューモウイルス (hMPV) の 4 種のウイルスにまとめて対応可能な mRNA ワクチンも計画しているとのことだ。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 医療

 関連ストーリー:
塩野義製薬のワクチン、早期承認を得られれば年内にも提供可能に 2021年06月29日
イスラエルでもCOVID-19新規感染者が増加、デルタ株が拡大か? 2021年06月24日
韓国、新型コロナワクチンの「交差接種」計画を発表 2021年06月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード新型コロナウイルス

関連記事