ホーム > ニュース一覧 > 東京株式市場(5)

東京株式市場のニュース(ページ 5)

【市場反応】米2月消費者信頼感指数、予想外の悪化でドル売り強まる

コンファレンスボードが発表した米2月消費者信頼感指数は106.7と、1月110.9から改善予想に反し低下した。
02/28 00:17

【市場反応】米12月S&P20都市住宅価格指数/FHFA住宅価格指数、ドル底堅く推移

米12月S&PコアロジックCS20都市住宅価格指数は前年比+6.13%だった。
02/27 23:29

【市場反応】米1月耐久財受注速報値、パンデミック以降で最低の伸び、ドル引き続き軟調

米1月耐久財受注速報値は前月比-6.1%と、予想を下回りパンデミックによる経済封鎖直後の20年4月来で最低の伸びとなった。
02/27 22:50

日経平均テクニカル:小幅に3日続伸、新高値も小陰線が売り買い拮抗示唆

27日の日経平均は小幅に3営業日続伸し、前日に続いて終値とザラ場高値がともに史上最高値を更新した。
02/27 18:15

欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、円買い先行も米インフレ指標を見極め

27日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想する。
02/27 17:25

27日の日本国債市場概況:債券先物は146円47銭で終了

<円債市場> 長期国債先物2024年3月限 寄付146円38銭 高値146円49銭 安値146円31銭 引け146円47銭 売買高総計18012枚 2年 457回 0.163% 5年 165回 0.343% 10年 373回 0.689% 20年 187回 1.426% 債券先物3月限は、146円38銭で取引を開始。
02/27 17:19

【株式市場】日経平均は5円高だが3日連続最高値を更新、後場は、半導体株などに調整一巡の兆しも

【日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部】 ◆日経平均は3万9239円52銭(5円81銭高)、TOPIXは2678.46ポイント(4.84ポイント高)、出来高概算(東証プライム)は18億3983万株 2月27日(火)後場の東京株式市場は、半導体関連株が前場に続き高安混在のままだったが、レーザーテック<6920>(東証プライム)は一段強含み、調整一巡をうかがわせる様子となり、安川電<6506>(東証プライム)も中盤にかけて一段と上げ中国景気への不安後退を示唆。
02/27 16:27

日経VI:低下、株価の上値重く高値警戒感が緩和

日経平均ボラティリティー・インデックス(投資家が将来の市場変動の大きさをどう想定しているかを表した指数)は27日、前日比-1.01(低下率4.72%)の20.40と低下した。
02/27 16:05

個人投資家hina:「日本版壮大な7銘柄とTOPIXコア30からの注目株!」【FISCOソーシャルレポーター】

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「hina」氏(ブログ:hinaの株ブログ」)が執筆したコメントです。
02/27 16:00

売り買いが交錯するなか、ややバリュー志向に【クロージング】

27日の日経平均は小幅に3営業日続伸。
02/27 15:57

東証業種別ランキング:鉄鋼が上昇率トップ

鉄鋼が上昇率トップ。
02/27 15:37

日経平均大引け:前日比5.81円高の39239.52円

日経平均は前日比5.81円高の39239.52円(同+0.01%)で大引けを迎えた。
02/27 15:01

日経平均は30円安、米経済指標などに関心

日経平均は30円安(14時40分現在)。
02/27 14:42

日経平均VIは低下、株価の上値重く高値警戒感が緩和

日経平均ボラティリティー・インデックス(投資家が将来の市場変動の大きさをどう想定しているかを表した指数)は14時5分現在、前日比-1.15(低下率5.37%)の20.26と低下している。
02/27 14:09

日経平均は59円安、積極的な売買は見送りムード

日経平均は59円安(13時50分現在)。
02/27 13:53

米国株見通し:伸び悩みか、経済指標にらみ買い後退も

(13時30分現在) S&P500先物      5,076.50(-3.75) ナスダック100先物  17,950.25(-26.75) 米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は小幅安、NYダウ先物は25ドル安。
02/27 13:53

後場の日経平均は40円安でスタート、三井E&Sや東電力HDなどが下落

後場の日経平均は40円安でスタート、三井E&Sや東電力HDなどが下落
02/27 13:02

【株式市場】前場の日経平均は59円安、一時192円高まで上げ最高値更新、TOPIXは高い

◆日経平均は3万9173円92銭(59円79銭安)、TOPIXは2682.74ポイント(9.12ポイント高)、出来高概算(東証プライム)は9億8493万株、 2月27日(火)前場の東京株式市場は、NYダウの4日ぶり下落などを受け自動車株や大手商社株が総じて重い値動きとなり、米半導体株指数は上げたものの半導体関連株も始値を除いて値を消す銘柄があり、上げ一服を継続の様子となった。
02/27 12:54

後場に注目すべき3つのポイント~鉄鋼や銀行など内需株が下支え

27日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。
02/27 12:27

鉄鋼や銀行など内需株が下支え/後場の投資戦略

鉄鋼や銀行など内需株が下支え/後場の投資戦略
02/27 12:18

注目銘柄ダイジェスト(前場):帝繊維、日立造、ブリッジなど

帝繊維<a href="https://web.fisco.jp/platform/companies/0330200?fm=mj" target="_blank" rel="noopener noreferrer"><3302></a>:2341円(+190円) 急伸。
02/27 11:37

日経平均は27円高でスタート、野村マイクロや日本製鉄などが上昇

日経平均は27円高でスタート、野村マイクロや日本製鉄などが上昇
02/27 09:38

日経平均は96円高、寄り後は底堅く推移

日経平均は96円高(9時10分現在)。
02/27 09:11

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ進む

人気のビジネス書籍