1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > 健康
  5.  > 喫煙(1)

喫煙のニュース一覧

研究の概要(画像:北海道大学の発表資料より)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中で猛威をふるう中、死亡率など新型コロナウイルスの感染状況が地域によって顕著に異なることが確認されている。 09/23 18:50

「卒煙」したい人が、3カ月間同僚らの応援をうけながら「完走」を目指すロート製薬の「卒煙ダービー」(画像:ロート製薬の発表資料より)

2020年4月の喫煙率ゼロを目指して「卒煙」活動に全社で取り組んでいるロート製薬(大阪市生野区)は12日、喫煙をしていない従業員の数が99.9%に到達したと発表した。 05/13 07:00

禁煙の場所でも、受動喫煙の被害は発生するとの調査結果が発表された。 03/11 18:12

2月6日に厚生労働省が開催した「ゲーム依存症対策関係者連絡会議」で使われた資料によると、2017年時点でネット依存が疑われる中高生割合は14.2%にのぼるという。 02/10 09:14

米上院は19日、電子タバコ等を含むタバコ製品の購入可能年齢を全米で現在の18歳から21歳に引き上げる法案「Tobacco-Free Youth Act」を可決した。 12/22 20:50

リキッド加熱式電子タバコの使用が原因の閉塞性細気管支炎とみられるカナダでの症例がCMAJで報告されている。 11/28 23:00

「あおり運転時にドライバーへ警告する機能」のイメージ。(画像: Nauto Japanの発表資料より)

画像認識とAIを開発するナウトジャパン(東京都千代田区)は22日、AI搭載ドライブレコーダー「ナウト」に新機能を搭載したと発表した。 11/27 11:36

画像はイメージです。「世界のたばこの疫学に関する2019年報告書」は、WHOが、世界規模でのたばこの流行状況とその抑止策の効果を調査した報告書で、10年以上に渡り毎年発行されている。2019年版は、200ページ以上に渡る詳細な調査報告書となっている。

WHO(世界保健機構)は、7月26日付けの報告書の中で、いわゆる新型たばこは紙巻きたばこ(従来のたばこ)と同様、規制の対象にすべきとの見解を示した。 08/01 15:02

大阪府の財務部職員が、2009年4月から18年7月にかけて計2318回勤務時間中に職場を離れ喫煙したかどで今年1月、職務専念業務違反により「訓戒処分」となった。 07/10 11:21

余暇に長時間座ってテレビを視聴する人は心血管疾患(CVD)・早期死亡リスクが高くなる一方、仕事で長時間座っていてもリスクは上昇しないという研究成果が発表された。 07/02 20:40

電気加熱式たばこや電子たばこなど喫煙製品は多様化している。従来からある無煙たばこのなかには口に含んだり噛んだりする、鼻に吸い込んだりすることで使用できるものもある。一般的な紙巻きたばこと同様に健康への影響があり、口腔がんや鼻腔がんにつながる。

これまで主流だった紙巻きたばこに対して、加熱式たばこや電子たばこなど、喫煙に関する文化は多様化している。 05/27 09:41

イタリアはボローニャで開催されている医学フェスティバルにおいて、認知症研究の第一人者といわれるイアン・ディアリー博士が最新の研究結果を発表した。 05/13 08:48

心地よいと感じる匂いの嗅覚刺激(OC)により、喫煙に対する渇望が緩和されるとの研究結果が発表された。 04/22 09:27

たばこ休憩は不平等という意見や企業が就業中の喫煙を不許可とするなど、喫煙者に対する風当たりは強い。ハワイではたばこの購入許可年齢を100歳まで引き上げる法案を審議している。将来的に、企業などが喫煙のルールを独自に制定することはブランド力の強化につながる。

ソフトバンクが就業中の喫煙を禁止とする方向であることを発表した。 04/11 08:51

 1 2 3 4  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告