1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > ライフの話題
  5.  > シェアハウス(1)

シェアハウスのニュース一覧

(画像: アクティバリュース発表資料より)

アクティバリュースは16日、同社が開発した多言語AIチャットボット「talkappi(トーカッピ)」をマンスリーマンション大手のアットインが導入したことを発表した。 04/17 16:22

スルガ銀行は12日、シェアハウス等不動産に係る不適正な融資の問題を受けた業務停止命令の停止期間が終了したのに合わせ、業務改善計画の進捗状況等を発表した。 04/13 17:48

スルガ銀行の株主6人が、同行の有国三知男社長に総額約565億円の損害賠償を求めて静岡地裁に提訴したことが、18日に報じられた。 03/21 08:49

メルヘンチックな「かぼちゃの馬車」という名称とは裏腹に、土地や建物の価格に嵩上げ疑惑が巻き起こり、入居者が交流するスペースが存在しないシェアハウスを展開していたスマートデイズ社が発端だった。 03/15 18:45

『練馬okeikoちゃん家』内部の様子。(画像: Rバンクの発表資料より)

不動産再生事業を手掛ける業者は少なくない。 02/14 17:33

「東京合宿所」の外観。(画像: リオン不動産の発表資料より)

表現は語弊があろうが「スルガ銀行不正融資問題」もどこ吹く風。 11/05 08:40

高額商品である不動産業界は、これから先、駆け込み需要に追われることが予想される

10月15日に開かれた臨時閣議において、安倍晋三首相は全世代型の社会保障制度への転換と財政健全化を同時に進行する必要性を訴え、これまで先延ばしにしていた消費税率の引き上げを予定通り、2019年10月1日に施行することを表明した。 10/21 17:34

金融庁は5日、スルガ銀行に対し、投資用不動産向けの融資を対象とした6カ月間の業務停止命令を含む行政処分を行った。 10/06 21:00

東京商工リサーチが「スルガ銀行の取引企業」調査結果を発表。個人向貸出が約3兆で貸出残高の9割超えで突出。不動産業構成比は6%、県内4行で最多。発覚後、高収益の源泉だった個人向けは大きく減少。

シェアハウスの運営会社の破綻によって一躍注目を浴びることになったスルガ銀行の不正融資問題は、第三者委員会の調査や金融庁の検査が明らかにされるに従い、パワハラや審査資料改ざん、創業家関係者への不透明な融資など、耳を疑うようなずさんな経営体制が次々と明らかになっている。 09/16 22:21

スルガ銀行を舞台にして横行した不適切融資や、それを許したガバナンスの不全に関して、外部弁護士が構成する第三者委員会が進めている調査の報告書が、8月末にまとめられる。 08/09 17:53

民泊事業を始める京都の起業家シェアハウス(画像: 彩ファクトリーの発表資料)

「子育て支援」や「英会話習得」などのコンセプトを持つシェアハウスを全国で展開する彩ファクトリー(京都府向日市)は、向日市で運営する起業家シェアハウスを利用して民泊事業を開始した。 08/03 19:52

世間には銀行や銀行員に対する根拠のない信頼感や信認がある。 07/21 09:07

女性用シェアハウス「かぼちゃの馬車」問題で、一躍注目を浴びることになったスルガ銀行は、地銀の中で図抜けた収益力を誇る“優良ビジネスモデル”として金融庁の覚え目出度く、他の地銀の羨望を集めていた。 06/09 15:14

東京商工リサーチの調査によると、シェアハウスの市場が拡大する中で、小規模資本の事業者や個人事業者が8割以上を占めていることが分った。 06/04 21:13

 1 2 3  次へ進む

広告