1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済
  4.  > 内閣府(1)

内閣府のニュース一覧

内閣府が2019年11月分景気動向指数を発表

今年のオリンピックに関連する特需のピークアウトによりオリンピック前後での景気後退が懸念されてきた。 02/19 08:34

1月23日、内閣府が「ムーンショット目標決定のお知らせ」という発表を行った。 02/11 09:45

中国・武漢市 (c) 123rf

新型コロナウイルスによる肺炎は、中国全土に広がる勢いを見せている。 02/05 13:44

開発するアプリのイメージ。(画像:Automagi発表資料より)

AIソリューション「AMY(エイミー)」を開発・提供するAutomagiは20日、同社の研究開発プロジェクトが、内閣府が進める「SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)第2期スマート物流サービス」に採択されたことを発表した。 12/23 21:50

木造注文住宅を手がける株式会社アキュラホームが11月7日に横浜市及びヨコハマSDGsデザインセンターと連携して行うことを発表した事業モデルが面白い

内閣府の調査によると、日本の障がい者数の概数は、身体障がい者436万人、知的障がい者108万2千人、精神障がい者392万4千人。 12/01 23:19

総務省と経済産業省は、11月11日に2019年テレワーク・デイズ報告会を実施する。 10/25 18:05

地球環境保全は今や、世界規模で対策が急がれている重要な課題であるとともに、技術力のある企業にとっては、新たなビジネスを創出する大きな機会でもある

地球環境保全は今や、世界規模で対策が急がれている重要な課題であるとともに、技術力のある企業にとっては、新たなビジネスを創出する大きな機会でもある。 10/06 19:52

内閣府が政策課題分析シリーズ「企業の外国人雇用に関する分析」を公表。外国人就労者比率は2008年に0.8%、18年に2.2%。賃金差別無し。日本語能力が重要。言語スキルが高い企業で定着率良好。

日本は少子高齢化の人口減少社会で、特に生産年齢人口の減少が著しく、既に深刻な人手不足の状態にある。 09/17 08:47

内閣府が「世界経済の潮流2019年I~米中貿易摩擦の継続と不確実性の高まり」を公表。不透明感を増す米中貿易摩擦の影響を分析。中国は内外需ともに鈍化し19年に投資が急速に低下、生産も低下続く。

秋の消費税増税を前に景気の行く先に注目が集まっている。 08/01 15:56

日産自動車が推進する「ブルー・スイッチ・アクション」と熊本市が推進する「SDGs未来都市」、それぞれが賛同し協定を締結した

熊本市と日産自動車、ならびに日産の販売会社の熊本日産自動車、日産プリンス熊本販売の4者は22日、「電気自動車を活用した持続的なまちづくりに関する連携協定」を締結したことを発表した。 07/28 21:05

知人の政治ジャーナリストから「21日の臨時閣議で改めて明示されたが、与党内にも依然、消費税増税の見送り論がくすぶっている」と聞いた。 06/23 07:30

誰しもが首を捻るような性犯罪が多発している。 06/19 18:20

5月1日に新元号「令和」が発表されたが、その際に使われた墨書を電子化したものが内閣府のWebサイトで公開されている。 05/20 20:31

内閣府は13日、3月の景気動向指数について景気後退の可能性が高いことを示す「悪化している」との基調判断となったことを発表した。 05/14 10:01

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告