1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済
  4.  > 内閣府(1)

内閣府のニュース一覧

(画像: 東京大学協創プラットフォーム開発)

東京大学協創プラットフォーム開発(東大IPC)は、同社が運営するIPC1号ファンド(協創プラットフォーム開発1号投資事業有限責任組合)から、東大関連ベンチャー3社に出資を決定したことを明らかにした。 12/08 21:03

内閣府は11月30日、制度施行から3年が経過したマイナンバーに関する世論調査の結果を発表した。 12/02 21:32

政府がAIを利用する企業に対し、説明責任を求めるよう法整備を行うと報じられている。 11/28 09:24

内閣府の調査によると、海外旅行をする際に多くの人が渡航先の安全情報を調べる一方、「面倒」や「方法がわからない」として渡航先の情報を調べない人も一定の割合でいることが分かった。 11/03 17:59

設置される宅配ボックスのイメージ。(画像: 発表資料より)

関西電力、フルタイムシステム、日本ネットワークサポートの3社は1日、電柱吊宅配ロッカーサービスを試行することを発表した。 11/03 12:45

内閣府が10月31日に発表した10月の「消費動向調査」によれば、消費者態度指数(2人以上の世帯、季節調整値)は、前月比0.4ポイント低下となる43.0となり、2カ月ぶりに前月を下回った。 11/01 16:20

内閣府が「海外安全に関する世論調査」の概要を公表。安全情報は「インターネットやクチコミ」が75%。政府の「たびレジ」利用者は3%のみ。利用しない理由は「個人情報の取り扱いに不信感」55%で最多。

グローバル化が進む中、ビジネスや観光などで海外に渡航する日本人の数は増え続けている。 10/30 09:23

安倍晋三総理は22日の未来投資会議で「65歳以上への継続雇用年齢の引上げについては70歳までの就業機会の確保を図り、高齢者の希望・特性に応じて多様な選択肢を許容する方向で検討したい」と70歳まで働ける環境整備を目指す考えを示した。 10/24 09:38

1ドル・360円はどのようして決まったのか。 10/19 17:47

中長期的なマクロ経済の見通しは、前回試算に比し潜在成長率等の鈍化により成長率の見込みを下方修正。GDP600兆円超え21年度に修正。財政均衡は27年度で不変。

現在、日本経済は世界経済の回復を受けて緩やかな回復基調にあるが、このところ消費の弱含み、人手不足による倒産の増加など一服感を示す動きもみられる。 07/29 23:55

5日、内閣府が「政策課題分析シリーズ16:60代の労働供給はどのように決まるのか?」を公表。60代前半のフルタイム就業比率は上昇傾向。60代後半で徐々に労働時間を減らし就業状態を変えて行く。

総務省の2017年9月時点での推計によれば総人口に占める高齢者、つまり65歳以上の人口の割合は27.7%と過去最高を記録した。 07/17 10:09

消費低迷の要因として所得増も恒久的なものと認識されていない、消費増税が高齢者を中心に負担増となった、などの見方が紹介された。

6月21日、内閣府の府経済社会総合研究所が「消費の現状と展望~なぜ消費は伸び悩むのか~」というテーマで第54回ESRI経済政策フォーラムを開催した。 07/04 10:30

開発されたロボットハンド。(画像:東北大学発表資料より)

東北大学の多田隈建二郎准教授、田所諭教授、昆陽雅司准教授、藤田政宏博士後期課程学生らのグループは、刃物などの尖った物体も含めて様々な複雑な形状の物体や脆弱な物体を掴むことのできる柔らかいロボットハンドを開発した。 06/15 21:19

東京商工リサーチが2017年「役員報酬1億円以上開示企業」の調査結果を発表。上場企業決算で1億円以上の役員報酬を開示した企業は335社、人数は627人、ともに最多記録を更新。最高はソフトバンク副社長の103億円

日本経済は現在、世界経済の回復を受けて緩やかながら回復基調の状態にあり、企業業績も順調に推移している。 06/14 09:12

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告