1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 憲法(1)

憲法のニュース一覧

ドイツの電子音楽グループ「クラフトワーク」が、彼らの楽曲の一部を無断でサンプリングして使用した音楽プロデューサーのMoses Pelham氏とMartin Haas氏を訴えていた裁判で、欧州司法裁判所はこういったサンプリングについて「たとえ極めて短いものであっても二次創作に該当し、著作権者の許諾が必要となる」との判断を下した。 08/03 08:46

安倍晋三首相は3日、憲法改正を求める民間団体に以下の様なビデオメッセージを送ったという。 05/07 16:17

米国・カリフォルニア北部地区のKandis Westmore下級判事は10日、生体認証によるデバイスのロック解除を強制することは合衆国憲法修正第5条に違反するとの判断を示した。 01/18 23:11

米バージニア州リッチモンドの第4巡回区控訴裁判所が、「政治家はソーシャルメディア上で『敵』をブロックしてはいけない」という判断を示した。 01/12 13:10

この追い越し車線を走り続ける違反(通行帯違反)の法律には、「追い越し車線を何キロ走ったら違反」とは書いていない。 10/02 08:13

米コロンビア地区連邦地裁は5月30日、米政府機関でKaspersky Lab製品の使用を禁じたのは違法だとして同社が米政府などを訴えていた2件の訴訟を棄却した。 06/03 18:24

国民民主党(略称・国民党)設立大会が7日、都内であった。 05/08 10:01

米国のドナルド・トランプ大統領がTwitterで自身に批判的なユーザーをブロックしたことが表現の自由を定める合衆国憲法修正第1条に違反するかどうかが争われている裁判で、ニューヨーク南部地区連邦地裁のNaomi Reice Buchwald判事は8日、和解が望ましい結論であるとの見解を示したそうだ。 03/11 18:29

安倍晋三総理は31日の参院予算委員会で「専守防衛は憲法の精神に則った受動的な防衛戦略であり、この方針は今後も変わらない」と改めて『専守防衛』を強調した。 02/01 16:43

今月6日、最高裁判所大法廷はテレビを持つ人に受信料締結契約を義務付ける放送法64条の規定は「合憲」とする判断を行った

今月6日、最高裁判所大法廷はテレビを持つ人に受信料締結契約を義務付ける放送法64条の規定は「合憲」とする判断を行った。 12/18 12:38

サイボウズの青野慶久社長ら2人が、「夫婦別姓」を選択できないことは憲法違反だとして国に対し損害賠償を求め提訴するという(毎日新聞)。 11/11 15:29

民進党の前原誠司代表は25日、安倍晋三総理が2019年10月に引き上げる消費税の2%増税分の使途変更を理由に国民の信を問う必要があるなどとして「28日に衆議院を解散する」と表明したことを受け「安倍政権を続けさせないという1点で戦っていく」と安倍政権終焉へ全力を挙げる決意を示した。 09/26 07:35

民進党は19日開いた常任委員会で離党届を提出していた鈴木義弘、笠浩史、後藤祐一の各衆院議員について、これを受理せず、党規約、党倫理規則に抵触する重大な反党行為として「除籍処分」にするとした。 09/20 07:33

安倍晋三総理は3日午後6時から、内閣改造に伴う記者会見を行い、憲法改正に関して記者団の質問に答え「スケジュールありきではない。 08/04 08:08

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

写真で見るニュース

  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告