憲法のニュース(ページ 3)

自民党、総裁任期を9年までと改正 安倍政権長期化を視野に

自由民主党は、5日、都内で開かれた定期党大会において、党総裁の任期をこれまでの「最長2期6年」から「3期9年」までと改める党則改正を決定した。
03/07 09:05

「退位一代限りでも皇室典範改正が必要」自民・石破氏

天皇陛下の退位に関する法整備について20日、衆参両院の正副議長が各会派に意見陳述を求めたのに対し、自民党の高村正彦副総裁は「現在の陛下一代に限り退位を特別立法で認めるべき」との党としての見解を伝えた。
02/21 09:04

きちんと結論出せる努力を各党互いに、天皇退位で民進・野田氏

民進党の野田佳彦幹事長は18日、天皇陛下の退位について「われわれはわれわれの主張が基本的には望ましいと思っている」としたうえで「他党の考え方についても、よく話を聞くなかで、その後の政党間協議なども含め、きちんと結論を出せるような努力をお互いしていかなければいけない」と語った。
02/19 18:48

米国の入国拒否「日本は言う立場にない」、自民・石破氏

石破茂前国務大臣は17日のブログで、日米首脳会談について「互いに信頼関係を構築したという意味で、スタートとして有意義なものであったと思う」と感想を書いたうえで「イラク・イランなど7か国からの入国拒否について何か言うべきであった、とのご意見もあるが、そもそも難民や移民の受け入れについて欧州とは異なる姿勢を採る我が国がそのようなことを言う立場にもありません」と日本政府が発言できる対応をしていないので、発言する立場にないとの認識をうかがわせた。
02/18 16:47

PKO隊員日報「活動成果定まるまで保存」防相

稲田朋美防衛大臣は17日の記者会見で南スーダンPKO活動にあたっていた隊員からの昨年7月の日報(日々報告)が「破棄」され、その後、「発見」されたが、自らへの報告までに1カ月要したことについて「あまりにも長いということで問題だと認識している」とし「関係部署に厳しく指導・注意し、その間の事実確認は今、省内でやっている」と語った。
02/18 11:48

自衛隊掌握しているのか疑問と稲田防衛相に懸念、民進・野田氏

民進党の野田佳彦幹事長は13日の記者会見で「稲田朋美防衛大臣が自衛隊をきちんと掌握しているのかに大きな疑問がある」と懸念を示した。
02/14 17:18

建国記念の日、安倍首相がメッセージ

安倍晋三総理は「建国記念の日」の11日、「今日の我が国に至るまでの古からの先人の努力に思いをはせ、さらなる国の発展を願う国民の祝日であり、我が国のこれまでの歩みを振り返りつつ、先人の努力に感謝し、さらなる日本の繁栄を希求する機会となることを切に希望いたします」との総理メッセージを発表した。
02/11 21:53

9条上問題になる言葉「使うべきでない」防衛相

稲田朋美防衛大臣は8日の衆院予算委員会で南スーダンPKO活動にあたっていた自衛隊部隊の日報に『戦闘』が報告されていた問題について、民進党の小山展弘議員の質問に「事実行為としての『殺傷行為はあった』が、憲法9条上の問題になる言葉は使うべきではないことから、武力衝突という言葉を使っている」と答弁した。
02/09 09:00

米下級判事、Google利用者データは米国外保存でも米国の令状で開示強制

米国・ペンシルベニア東部地区連邦地裁のThomas J. Rueter下級判事は3日、Google利用者のデータは米国外のサーバーに保存されていても米国の捜査令状で開示を強制できるとの判断を示した(裁判所文書: PDF、The Register、BetaNews、Softpedia)。
02/07 18:28

「10年経ち政治家として成長した」稲田防衛相

稲田朋美防衛大臣は30日の参院予算委員会で、自身が2008年8月号の冊子「月刊日本」で「尊属殺人規定を復活せよ」としていたことについて、その考えは今も変わっていないのかを民進党の蓮舫代表に質され「尊属殺人規定を復活させよとは思っていない」と答え「10年経ち、その過程で、わたくしも政治家として成長したのだなーと思います」と答え、少し笑みを浮かべた。
01/31 08:47

暗号化電子メールサービスLavabit、米大統領就任式の日に復活を宣言

暗号化電子メールサービスの米Lavabitが20日、復活を宣言した(復活宣言、Register、The Next Web、Softpedia)。
01/28 17:12

天皇退位の議論で石破氏、党のやり方に疑問呈す

天皇の退位について自民党が議長歴最長の野田毅衆院議員と党役員メンバーで議論し、他の議員は今月末までに書面で意見を提出する方針を決めたことに、石破茂前国務大臣は「静かな議論とは閉ざされた場で少数の限定メンバーで行うことのみを意味するとは思いません」と党執行部の方針に疑問を呈した。
01/28 17:09

改憲の具体的議論、憲法審査会で深めようと首相

憲法改正を結党以来の党の使命とする自民党の総裁でもある安倍晋三総理は20日召集された国会での施政方針演説で「憲法改正」へ「具体的な議論を憲法審査会で深めていこうではありませんか」と強く訴えた。
01/21 10:51

野党共闘、一定の幅の中で政策寄せ合うのは可能、民進・安住氏

民進党の安住淳代表代行は日本共産党の第27回党大会であいさつし、冒頭「結党以来95年の節目を迎え、日本の近代化の中で、先の大戦を含む激動の時代を乗り越えてきた御党に心から敬意を表する」と祝福。
01/17 11:47

安保法制の廃止・改正へ取り組む、日弁連会長

日本弁護士連合会の中本和洋会長は年頭のあいさつで「日弁連は基本的人権の擁護を使命とする法律家団体として、日本国憲法の基本理念である『立憲主義』ならびに基本原理である『国民主権』および『恒久平和主義』を堅持する立場から、安保法制の憲法上の問題点を広く市民と共有し、全国の弁護士会とともに、適用・運用に反対し、廃止・改正に向けた取り組みをしていく」と安保法制の廃止や改正に向けた取り組みをすすめるとした。
01/04 11:38

憲法改正に強い意欲滲ませる、年頭所感で安倍首相

安倍晋三総理は1日、2017年度「年頭所感」を発表し、「本年は日本国憲法施行70年の節目の年にあたる」と憲法を強く意識した。
01/02 12:17

「自民に政局的な話多すぎ」―民進・野田幹事長

民進党の野田佳彦幹事長は3日の記者会見で、自民党側に「政局的な話が多すぎる」と懸念を示した。
10/04 10:54

自民改憲案は憲法の基本理念を根底から覆すもの―小沢一郎氏

かつて自民党の幹事長も務めた生活の党の小沢一郎代表が「自民党の憲法改正草案は『日本国憲法の基本理念を根底から覆すもの』で、そもそも憲法の『改正』とは言えない」と強く否定した。
10/04 10:53

天皇陛下の生前退位「国会議論極めて重要」―民進・細野代表代行

民進党の細野豪志代表代行は9月30日、衆院予算員会での質疑後の定例記者会見で、天皇の生前退位について「内閣法制局の長官から『生前退位』を制度的に認める場合も憲法改正の必要はない、皇室典範の改正でできるということ、一代限りについて認める場合にも特別立法で可能なことが分かった」と委員会質疑の成果をあげた。
10/01 18:25

首相強調の「同一労働同一賃金」、労働者視点なのか―野田佳彦氏

民進党の野田佳彦幹事長は27日の衆院本会議での代表質問後の記者団の質問に答え、安倍晋三総理が強調する『同一労働同一賃金』、『長時間労働の是正』について「ワードは合致するものが多い」としたうえで「今日も少し大串博志政調会長が触れたが、立ち位置の問題」と慎重に見ていく必要があるとの認識をみせた。
09/28 11:05

自民改憲案ありきで議論してもらう考えない―自民・下村博文氏

自民党の下村博文幹事長代行は27日の記者会見で、憲法改正について「自民党の憲法草案ありきで、憲法審査会で議論していただきたいとは考えていない。
09/28 10:48

憲法審査会で慎重の上にも慎重に審議を―自民・二階幹事長

自民党の二階俊博幹事長は憲法改正について、記者団の質問に答え「憲法審査会のこれからの審議の方針に沿ってやっていくわけですから、慎重のうえにも慎重に、国民の皆様にも審議の内容等を十分ご理解いただけるような丁寧な国会運営をしていってもらいたい」と語った。
09/27 18:27

改憲案国民に提示は国会議員の責任―安倍首相、所信表明

安倍晋三総理は26日の国会での所信表明演説で、憲法改正へ衆参での憲法審査会での議論を促した。
09/27 12:51

衆院憲法審査会会長に森氏「公正円満運営」強調

192回国会が26日召集され、衆院憲法審査会会長に自民党憲法改正推進本部長だった森英介・元法務大臣が就任した。
09/26 14:45

国債頼みも財政収支の2020年目標揺るぎない―自民・二階幹事長

臨時国会はきょう26日から11月30日までの66日間の会期でスタート。
09/26 11:44

前へ戻る   1 2 3 4 5  次へ進む