政治家はSNS上の批判をブロックできない 米連邦高裁判決

2019年1月12日 13:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 米バージニア州リッチモンドの第4巡回区控訴裁判所が、「政治家はソーシャルメディア上で『敵』をブロックしてはいけない」という判断を示した(時事通信ReutersSlashdot)。

 この判断は、米バージニア州の政治家がFacebook上で批判的な意見を一時的にブロックしたことの違憲性を問う裁判において下されたもの。

 裁判所は問題となったFacebookページについて「公開された討論の場」だとし批判的な投稿の削除は憲法で定められた「言論の自由」に反すると判断。政治家側のFacebookページはプライベートなWebサイトであるという主張を否定した。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 検閲 | 法廷 | SNS | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
無神経なSNS広告はどうすれば減るのか 2019年01月08日
トランプ大統領、Twitterが共和党員の投稿を制限していると非難 2018年08月01日
エジプト、フォロワーの多いSNSアカウントをメディア規制の対象とする法案を成立させる 2018年07月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebook憲法裁判

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース