1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 国内政治
  5.  > 働き方改革(12)

働き方改革のニュース(ページ 12)一覧

給料を時間給で払うのではなく成果で評価しようという動きも見られている。脱時間給にはメリットもデメリットもあるが、今後成果主義の脱時間給が普及するか注目だ。

働き方改革が始まり、各企業が残業時間の縮小や職場環境改善に励んでいる一方、給料を時間給で払うのではなく成果で評価しようという動きも見られている。 01/17 12:14

マネーフォワード、19年11月期は先行投資を加速、21年11月期のEBITDA黒字化へ

辻庸介氏(以下、辻):みなさま、遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。 01/16 22:27

厚生労働省は医師の労働時間について、退勤と次の出勤の間のインターバルを9時間にする方向で検討に入った。医師の待遇改善など医師の数を増やす努力も必要になるだろう。

厚生労働省は長時間労働が問題視されている医師の労働時間について、退勤と次の出勤の間のインターバルを9時間にする方向で検討に入った。 01/16 10:07

厚労省が「平成30年労働組合基礎調査の概況」を公表。2018年の組合数は2万4328組合、前年比0.6%減。員数は1007万人、0.9%増。推定組織率は0.1%低下。パート組合員数は7.3%の増加。

日本の労働組合は戦後しばらく民主化の象徴として組織率を上昇させていったが、1980年代頃より組織率は低下傾向に反転し、以後減少傾向で推移している。 01/11 09:30

システムの概要。(画像: 清水建設の発表資料より)

清水建設株式会社(住所:東京都中央区、取締役社長:井上和幸)は、山岳トンネル工事における検査・管理業務の合理化を目指し、タブレット端末を用いたリアルタイム遠隔立会システムを開発したと発表した。 12/27 16:59

日本の労働生産性は決して高くないと以前から指摘されてきた。 12/27 09:36

安倍晋三総理は25日、内閣発足6年を振り返り、記者団から長期政権になっている秘訣はと聞かれ「秘訣というのは無いが、基本的には今から12年前に第1次政権ができ、非常に肩に力を入れて頑張ったが、1年で政権が終わった。 12/27 09:29

小笠原 隆夫

育児や介護による休業制度は、1991年に法律が制定され、徐々に改訂を進めながら今に至っています。 12/20 21:22

エクスペディア・ジャパンが有給休暇の国際比較調査を実施。日本の有休取得率は19カ国中最下位の50%。日数でも米国、タイと同じ10日で最下位。有休取得に罪悪感は58%でトップ。上司が協力的は43%で最下位。

現在、多くの企業が政府の提言した働き方改革に取り組んでいる。 12/20 09:42

百五銀行、2Qは増益 住宅ローン取扱手数料・資金利益などの増加が寄与

伊藤歳恭氏:みなさまこんにちは。 12/19 22:26

ランスタッドが「職場の忘年会に関する調査」を実施。参加率66%、男性で高い。参加理由は「仕事の一部だから」47%でトップ。女性で高い。出席しない理由、女性で「育児・介護のため」が多く、男女格差。

日本社会は宴席文化であると言われる。 12/13 09:25

森永製菓、上期売上高は前期比98.7% 前年の市場急伸長の一巡感や売上拡大反動が主因

新井徹氏:改めまして、(足を)お運びありがとうございます。 12/10 22:40

ゆうちょ銀行、中間純利益は前期比12.2%減 年間配当予想50円は据え置き

池田憲人氏:ハイライト編の資料に従って、簡単にお話を申し上げたいと思います。 12/06 22:43

日本財団が「18歳の意識調査」を実施。結婚願望がある人は75%。結婚したい理由は「家庭を持ちたい」「子どもがほしい」。79%が「子どもがほしい」と回答。希望の子供の数は2~3人で84%。

近年、特殊出生率は上昇傾向に改善されてきているようだ。 11/27 09:36

あおぞら銀行、上期連結粗利益は448億円 GMOあおぞらネット銀行事業を開始

馬場信輔氏:馬場でございます。 11/26 21:54

結婚後も共働きをキープするとによって生涯賃金が高くなるなどのメリットがある。女性が結婚・出産後も共働きを維持しやすいように、結婚後の男性の協力や企業の配慮などが求められている。

かつては働く女性は結婚して「寿退社」で家庭に入るというのが一般的な形であったが、そうした女性の働き方に大きな変化が生じている。 11/21 15:00

厚労省が平成30年版の過労死等防止対策白書を発表。週労働時間は減少傾向で推移。労災全体が減少する中、精神疾患、過労自殺は増加傾向。精神保健対策を実施の企業は16年で57%、増加傾向。

長時間労働を是正するために政府主導の働き方改革が取り組まれている。 11/18 11:36

日本政策金融公庫の発表によると、少なめの資金で開業できるサービス業向けの融資が増えたことから、2018年上半期の融資は件数においては微増ながら、融資金額では微減となったことが分かった。 11/17 12:02

前へ戻る   7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17  次へ進む

広告