1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 国内政治
  5.  > 働き方改革(7)

働き方改革のニュース(ページ 7)一覧

社員の副業・兼業を認めているか。(企業規模別)(画像: エン・ジャパンの発表資料より)

エン・ジャパンの調査によると、中小企業で副業や兼業を認めている企業の割合は25%で、副業や兼業に対する今後の方針が大きく分かれていることが分かった。 09/10 18:44

小笠原 隆夫

「時短ハラスメント」は略して「ジタハラ」といわれ、働く人の労働時間を無理に短縮するなどの嫌がらせを指しています。 09/09 17:36

社員の副業容認について消極的な企業もあれば、積極的な企業も存在する。 09/08 18:22

メディカルRPA協会のロゴとキャラクター(画像:メディカルRPA協会発表資料より)

「一般社団法人メディカルRPA協会」が6日に発足した。 09/07 13:39

(画像:エス・アンド・アイの発表資料より)

エス・アンド・アイ(東京都中央区)は4日、会議・議事録作成支援サービス「AI Conference(エーアイ・カンファレンス)」をリニューアルしたことを発表した。 09/06 20:48

BIGLOBEが「働き方に関する意識調査2019」を実施。「長時間労働をしている」は39.9%で微減。長時間の理由は「仕事量と人員のミスマッチ」5割強。長時間労働をなくす「工夫なし」4割で最多。

現在、各職場で働き方改革が推進されている。 09/03 12:19

小笠原 隆夫

直接面識がない社長のことで、ある知人からの聞いた話です。 09/02 17:14

(画像:MatrixFlow発表資料より)

MatrixFlowは28日、ノンプログラミングで実装可能なAI構築プラットフォーム「MatrixFlow」において、人事領域を支援するサービス「HR Flow」の提供を開始した。 08/29 15:48

サービスの概要。(画像:モビルス発表資料より)

モビルスは23日、LINEを用いた自治体向け住民サービス「モビルス×LINE 住民サービス」の提供を開始した。 08/26 08:00

帝国データバンクは22日、7月に行った人手不足に対する企業の動向調査の結果を発表、正社員の不足感を持つ企業の割合は48.5%と、前年同月より2.4ポイント減少した。 08/25 18:49

エン・ジャパンが「外国人採用」に関するアンケートを実施。販売・接客等を中心に6割の企業が採用に前向き。採用しない理由は「研修等の未整備」「日本語能力の懸念」「行政手続きの煩雑さ」。

6月現在の有効求人倍率は1.61倍で高い水準を維持しており人手不足が払拭される兆しは見られない。 08/16 15:48

「ついにここまで来たか」と、「ある種の階層・格差社会化」という「懸念」を抱きながらもいま実感している。 08/06 06:33

小笠原 隆夫

ある新聞記事に、郵便局の配達現場で「時短ハラスメント」が横行しているという話がありました。 08/05 16:02

マクロミルが会社員の夏休みについてアンケート調査を実施。2019年に夏休みがある会社員は80%、夏休みがない会社員は20%。連休日数の最多は9日間という結果に。

働き方改革によって2019年4月からは有給休暇の取得が義務化された。 07/30 08:16

エン・ジャパンではミドル世代に向けて副業に関するアンケートを実施した。副業をしたいと思っている人は7割。一方で実際に副業をしている人は2割。企業が副業を禁止するケースも目立つが、副業によってスキルや知見獲得などのメリットもあり。

働き方は時代とともに変わっていく。 07/29 08:31

コクヨは7月22日、シンプルな罫内容で使いやすい「キャンパスダイアリー」2020年版シリーズを8月中旬から順次発売すると発表した。 07/29 07:51

RPAテクノロジーズとAMBITIONは19日、不動産管理・仲介業者向けにRPAを活用したソリューションや、AIを活用した広告出稿最適化ツールなどを販売する新会社、「Re-Tech RaaS(リテックラース)」を設立すると発表した。 07/21 07:41

「荒木ゆい」のイメージ。(画像:ソニービジネスソリューションの報道資料より)

ソニービジネスソリューション(東京都港区)は、同社が提供するAIを活用したバーチャルアナウンサー「荒木ゆい」ボイス・プラットフォームサービスが、玉川髙島屋ショッピングセンター(東京都世田谷区)に採用されたことを発表した。 07/18 08:21

前へ戻る   2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12  次へ進む

広告