1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 国内政治
  5.  > 働き方改革(10)

働き方改革のニュース(ページ 10)一覧

安倍晋三総理は15日の未来投資会議で、全世代型社会保障における高齢者雇用の促進及び経験者採用促進について「元気で意欲ある高齢者の方々に経験や知恵を社会で発揮していただけるよう、70歳までの就業機会の確保に向けた法改正を目指す」と語った。 05/16 12:25

公立学校の教員は時間外勤務手当が出ない。給与に関する特別措置法があるのだ。労働基準法に基づいた働き方ができるような改正を求める署名が出されたが、部活指導や補導対応などがあり、また教師の仕事は労働時間と比例するものではないという意見もある。

公立の学校で勤務する教員は時間外勤務に対して手当が出ない。 05/16 08:56

エン・ジャパンが「有給休暇の取得義務化」についてアンケート調査を実施。有休の取得義務化の認知度は9割以上。4社に1社が義務化に否定的。取得義務化への課題は「人手不足」、「業務の偏り」。

労働基準法が改正され、この4月から年5日以上の有給休暇を労働者に取得させることが企業に義務付けられた。 05/15 09:16

科学とテクノロジーにより、現代における属人的な人事管理に変革をもたらそうと2018年に誕生したKAKEAI(東京都港区)は13日、中間管理職と部下の「掛け違い」を無くすAIクラウドシステム「KAKEAI」(カケアイ)のオープンβ版をリリースした。 05/14 18:41

「マッスルトレーナービジネス(ヒモタイプ)」(画像: グローバルブランディング発表資料より)

グローバルブランディング(東京都中央区)は13日、重さが2.4kgあるビジネスシューズ「マッスルトレーナービジネス(ヒモタイプ)」の発売を発表した。 05/13 21:22

働き方改革関連法が4月1日に順次施行され、残業時間の上限が月45時間となり従業員が社内で過ごす時間が短縮化へと向かっている。 05/08 17:50

エン・ジャパンがミドル社員の「残業時間」についてアンケートを実施。残業時間が増加傾向26%。月間40時間以上残業は31%。医療・福祉、流通、運輸、サービスで多い傾向。7割が残業規制に賛成。

現在多くの企業で働き方改革が取り組まれている。 05/08 09:55

2019年4月23日に「攻めのIT経営銘柄2019」発表会が行われた(経済産業省提供)

経済産業省と東京証券取引所は4月23日、「攻めのIT経営銘柄2019」選定企業29社を発表した。 05/06 22:32

画像はイメージです。

政府の働き方改革の中で高齢者の就業促進が提言されている。 04/29 19:43

明日香が「保育士資格者の現況」に関するアンケート調査を実施。「保育の仕事をしている」者は75%。うちフルタイムは22%。「保育士の仕事を継続したい」が59%。仕事と生活の両立を重視が多数派。

待機児童数は自治体などの努力もあり2018年には全国ベースで前年を下回っている。 04/26 10:03

働き方改革の取り組み前後でのストレス変化は?(グラフ:チューリッヒ生命の発表資料より)

働き方改革がスタートしたものの、仕事でのストレスは増え、改革による新たなストレスも―。 04/25 08:29

ビズメイツ(東京都千代田区)は22日、同社の提供するオンライン日本語修得サービス「Zipan(ジパン)」について、日本語講師の追加募集を開始すると発表した。 04/23 12:21

21世紀に入って、我が国の社会はIT技術の発展や少子高齢化の影響もあって、大きく変化しています。 04/22 21:30

設備点検サービス 「まるっと点検」の概要(日本ユニシス発表使用より)

日本ユニシスは、ビル、マンションの設備にセンサーやカメラなどのIoTデバイスを設置し、AIを活用して建物の管理負荷を軽減する設備点検サービス「まるっと点検」の提供を開始した。 04/22 16:58

前へ戻る   5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  次へ進む

広告

広告