「残業代を払わずに済む」だけでいいのか

2018年7月10日 09:36

小

中

大

印刷

 「残業時間の上限規制」、正社員と非正規雇用の不合理な待遇差を解消する「同一労働同一賃金」、高収入の一部専門職を労働時間の規制から外す「高度プロフェッショナル制度」を柱とした「働き方改革関連法」が、先日の国会で可決、成立しました。

【こちらも】「残業代ゼロ」のメリットとデメリットを調べてみて思ったこと

 特に「高度プロフェッショナル制度」については、長時間労働を助長する懸念があるとしての反対意見、また残業時間の上限規制もどのくらいの時間数に設定するかという課題など、やはり労働時間管理の問題は、議論も多いですし慎重さも必要な部分だと思います。

 私自身は、この「働き方改革」については必要なことだと思っていますし、今の労働慣行で改革を要するところはたくさんあり、その目指すところはよくわかります。そして、これから実際に法律が施行され、その後どんな状況になるかによって、様々な見直しが必要になるものだとも思っています。

 残業代の話は特に議論になるところですが、「時間でなく成果だ」という話は、総論としては理解できます。時間稼ぎの残業代稼ぎと思える人は、どこの会社を見ていても確かに存在しています。
 しかしその一方、働かせているのに残業代を払わない会社も、同じように多数あります。そのすべてが働く人の能力不足で割高な残業代となっていることばかりではありません。期限や難易度、その他仕事量が労働時間と見合っていないことはたくさんあります。
 これらはすべてケースバイケースで、どちらも混在して起こっているのが実態です。

 そんな中で気になるのは、経営者団体である経団連から、さらに労働時間の規制緩和が進むことを期待する声があるとの報道です。今回の法改正で裁量労働制の適用拡大が見送られたことを念頭に置いてのことのようですが、この発言を聞くと「ただ残業代を払わなくて済むようになること」が望ましいと考えているかのように思えてしまうからです。

 私はこの問題に関しては、実際に法律を運用してみて、その状況によって今後の方向性を見直さなければならないと思っています。
 今回の法改正の議論の過程で、懸念が出されていた長時間労働の助長などは、実際に起こる可能性があります。経営者が「働かせても支払わなくてよい」ととらえて、その都合の良い解釈で運用されることも考えられます。

 もしそうなれば、今度は労働者保護の観点で、今回成立した法律の内容を、規制強化の方向で見直さなければなりません。
 労使関係や雇用環境のことを真面目に考えようとするならば、ただ規制緩和の方向に決まっている訳ではありませんが、それを今の段階から「さらなる規制緩和を期待」という話が出るということは、「残業代の支払い義務がなくなれば人件費が減らせる」など、「人件費の有効活用という名のコストカット」だけを意識しているように思えてなりません。

 このように、せっかくの「働き方改革」が、労使の条件闘争のように扱われているのであれば、その本質からはどんどん外れていってしまいます。
 「時間当たりの賃金」という考え方にも、それなりの理はあります。そのこともきちんと理解した上で、状況を見据えて考え続けなければならないと強く思います。

※この記事は「会社と社員を円満につなげる人事の話」からの転載となります。元記事はこちら

著者プロフィール

小笠原 隆夫

小笠原 隆夫(おがさわら・たかお) ユニティ・サポート代表

ユニティ・サポート 代表・人事コンサルタント・経営士
BIP株式会社 取締役

IT企業にて開発SE・リーダー職を務めた後、同社内で新卒及び中途の採用活動、数次にわたる人事制度構築と運用、各種社内研修の企画と実施、その他人事関連業務全般、人事マネージャー職に従事する。2度のM&Aを経験し、人事部門責任者として人事関連制度や組織関連の統合実務と折衝を担当。2007年2月に「ユニティ・サポート」を設立し、同代表。

以降、人事コンサルタントとして、中堅・中小企業(数十名~1000名規模程度まで)を中心に、豊富な人事実務経験、管理者経験を元に、組織特性を見据えた人事制度策定、採用活動支援、人材開発施策、人事戦略作りやCHO(最高人事責任者)業務の支援など、人事や組織の課題解決・改善に向けたコンサルティングを様々な企業に対して実施中。パートナー、サポーターとして、クライアントと協働することを信条とする。

会社URL http://www.unity-support.com/index.html

記事の先頭に戻る

関連キーワード同一労働同一賃金非正規働き方改革高度プロフェッショナル制度国会残業

「仕事術」の写真ニュース

経営・ビジネスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_mgt

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース