1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > 教育
  5.  > 学習指導要領(1)

学習指導要領のニュース一覧

「動画掲載機能」の画面イメージ。(画像:デジタル・ナレッジの発表資料より)

eラーニング事業を手掛けるデジタル・ナレッジ(東京都台東区)は20日、英語4技能対応授業を支援するAI(人工知能)ツール「トレパ」に、動画掲載機能と生徒の発話内容を録音して確認できる学習管理機能を追加したと発表した。 09/22 19:03

文部科学大臣が中央教育審議会に諮問した「新しい時代の初等中等教育の在り方」の審議が特別部会で始まった。 07/10 07:18

リクルート進学総研が「高校教育改革に関する調査2018」の概要を発表。「アクティブラーニング型授業」導入は90%。導入高校のうち「学びに向かう姿勢・意欲が向上した」との回答が49%で半数。

2012年に文部科学省の中央教育審議会がアクティブラーニングという教育手法を提唱した。 02/12 11:06

「はじめてのプログラミング講座」の教材。(画像: ユーキャンの発表資料より)

ユーキャンは4日、小学生向け学習教材『はじめてのプログラミング講座』を新規開講したことを発表。 01/06 17:16

「MakeCode×micro:bit 100プロジェクト」のロゴ。(画像: マイクロソフト)

日本マイクロソフトやインテル、富士通などが参画する業界団体、ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム(WDLC)は13日、学校のプログラミング教育を応援するプロジェクトを開始すると発表。 06/14 10:59

安倍晋三総理は高校の新学習指導要領で必修化される「情報1」を大学入学共通テスト科目として、各大学の判断で活用できるよう具体策を検討するよう文部科学大臣に17日指示した。 05/20 19:11

第一生命は5日、全国の幼児・児童(保育園・幼稚園児及び小学校1~6年生)1,100 人を対象に行った、第29回「大人になったらなりたいもの」のアンケート調査結果を発表した。 01/09 07:08

文部科学省は、グローバル化や変化の激しいこれからの社会を生きるために、2020年度以降の小中学校の教育内容を定めた次期学習指導要領改定案を発表した。

文部科学省は、グローバル化や変化の激しいこれからの社会を生きるために、確かな学力、豊かな心、健やかな体の知・徳・体をバランスよく育てる「生きる力」を育む施策として、2020年度以降の小中学校の教育内容を定めた次期学習指導要領改定案を発表した。 08/04 08:26

教育関連の問題を研究している名古屋大学・内田良准教授によると、多くの自治体で、平日に中学校や高校の部活動の大会が行われているという。 05/31 06:32

2020年から小学校でのプログラミング教育を必修化するために文部科学省で準備が進められている。コンピュータに親しみ、プログラミングの思考を身につけ、これからの情報化社会に対応できる人材を育成することが目的とされている。  

2020年から小学校でのプログラミング教育を必修化するために文部科学省で準備が進められている。 05/22 07:46

文部科学省が2020年度以降の学習指導要領で、中学の「部道」に「銃剣道」を追加したことが話題となっている(読売新聞、NHK、全日本銃剣道連盟)。 04/04 06:58

突きの一撃で相手を殺傷することを狙い旧日本軍が訓練に用いた「銃剣術」を戦後、安全面を確保した一定ルールの下でスポーツ競技にした「銃剣道」が、中教審答申の中学体育(武道教育)に盛り込まれていた。 03/12 18:32

神戸大学などの研究者らが、学習指導要領の変更と日本の研究開発力低下に因果関係があることを実証したと発表している。 02/28 08:38

韓国の市民団体が22日に島根県を訪れ、島根県主催の「竹島の日」式典での竹島の領有権主張に対し、島根県庁前で抗議の行進を行う模様だ。 02/21 12:00

 1 2  次へ進む

広告

広告