1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 社会
  5.  > 金融庁(1)

金融庁のニュース一覧

(c) 123rf

カルロス・ゴーン容疑者にかけられた嫌疑として報道されている中から、信憑性が高いと認められることを、逮捕容疑の特別背任と金融商品取引法に分けて、(2)と(3)で整理した。 01/16 20:15

(c) 123rf

ゴーン容疑者が、拘置理由開示のために開催された東京地裁の法廷で三番目に語ったのは、金融商品取引法違反についてである。 01/10 21:14

金融庁は8月10日付の「仮想通貨交換業者等の検査・モニタリング中間とりまとめ」という文書で,いわゆる仮想通貨を「暗号資産」と呼称している。 12/29 11:43

丸井グループ、売上収益は4期ぶりに増収 EPSは約30年越しの最高益更新を達成

加藤浩嗣氏:どうもよろしくお願いします。 12/04 23:18

今年9月、仮想通貨取引所「Zaif」がサイバー攻撃を受けて多額の仮想通貨を流出させる事件があった。 11/06 09:15

小笠原 隆夫

スルガ銀行が自らの不正融資問題によって、金融庁から一部業務の停止命令が出されましたが、同行を調査した第三者委員会から、利益偏重の人事評価制度が原因の一つであったという指摘がされたとの報道を目にしました。 10/09 17:45

金融庁は5日、スルガ銀行に対し、投資用不動産向けの融資を対象とした6カ月間の業務停止命令を含む行政処分を行った。 10/06 21:00

9月20日、テックビューロ(大阪市)は仮想通貨約67億円(翌日70億円相当に修正)が流出し、うち45億円は顧客資産だったと発表した。 09/27 16:49

スルガ銀行の株価が21日、ストップ高(100円高)の620円まで急伸した。 09/23 10:25

東京商工リサーチが「スルガ銀行の取引企業」調査結果を発表。個人向貸出が約3兆で貸出残高の9割超えで突出。不動産業構成比は6%、県内4行で最多。発覚後、高収益の源泉だった個人向けは大きく減少。

シェアハウスの運営会社の破綻によって一躍注目を浴びることになったスルガ銀行の不正融資問題は、第三者委員会の調査や金融庁の検査が明らかにされるに従い、パワハラや審査資料改ざん、創業家関係者への不透明な融資など、耳を疑うようなずさんな経営体制が次々と明らかになっている。 09/16 22:21

銀行の支店は地域繁華街の一等地の路面店であることが多い。 09/15 12:10

スルガ銀行の第三者委員会の調査報告書が7日公表された。 09/14 20:00

スルガ銀行を巡る疑惑を解明している第三者委員会は、当初8月末日を期日としていた調査報告の期日を1週間延期すると発表した。 09/04 12:11

HIROKENが「債務に関するアンケート調査」を実施。債務額は年収300万までは300万円台、年収500万以上800万未満は800万円台。

家計調査をみると二人以上世帯のうち勤労者世帯の負債保有額は上昇傾向で、特に2010年代に入ってからその上昇傾向は大きくなっている。 09/03 11:30

 1 2 3 4  次へ進む

広告