1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > 健康
  5.  > がん(1)

がんのニュース一覧

ほぼすべてのがん細胞に対して効果を持つ免疫細胞が発見されたという。 01/23 17:43

製薬大手の第一三共は、日本橋本町3丁目に本社ビルを構えている。 01/15 16:36

フィリピン固有種のハリナシミツバチTetragonula biroi Frieseおよびプロポリス採取の様子(写真提供:Peter Cervancia氏、東京大学の発表資料)

東京大学の研究チームは、フィリピン大学ロスバニョス校との共同研究により、フィリピン固有種であるハリナシミツバチが作り出すプロポリスが、分化型胃がん細胞の増殖を抑えること、およびその仕組みを明かにした。 12/28 20:57

人の大腸上皮は加齢とともに遺伝子変異が蓄積することで、大腸がんの原因となることがこれまでの研究で明らかになっている。 12/22 19:05

炭疽菌を膀胱がんの治療に使用する研究が行われているそうだ。 12/03 09:20

図1 KC マウスに発生した肝細胞癌。KC マウスでは 1年で小さな肝細胞癌が発生するが、 KC/TFF1KO マウスでは肝細胞癌は 6カ月で発生し、1年で巨大に発育した。(矢印:肝細胞癌) (画像: 名古屋大学の発表資料より)

肝細胞癌は、肝臓に発生する悪性腫瘍であり、完治するには外科的切除による治療が必要だ。 12/02 19:28

13種類のがん患者と健常者の血液中マイクロRNA測定結果(東芝の発表資料より)

東芝は25日、血液中に存在する「マイクロRNA」という物質の濃度を測定することで、13種類のがんを検出する技術を開発したと、発表した。 11/25 19:14

さまざまながんにおけるエピゲノム異常の形成メカニズムとEZH1/2阻害薬による制御の模式図(画像: 東京大学大学院の発表資料より)

がん抑制遺伝子は傷ついた遺伝子を修復したり異常になった細胞を排除したりして、細胞のがん化を防ぐために働く遺伝子である。 11/24 21:19

今回の研究の概要。(画像: 東京工業大学の発表資料より)

東京工業大学の研究グループは18日、iPS細胞において、遺伝子を安定化し、がん化等を防ぐ仕組みを解明したと発表した。 11/20 20:14

先に10月10日付けの政治・社会欄に「50年前に予測された少子高齢化社会を回避しえなかった責任は誰にある!?」というタイトルの記事を投稿した。 11/18 18:44

スーパーセンチナリアン(左)と50歳から60歳までのグループ(右)における免疫細胞の比較(写真:慶應大の発表資料より)

厚生労働省によると100歳以上の高齢者は約7万人にも及ぶという。 11/16 20:49

今回の研究の概要(画像:京都大学報道発表資料より)

京都大学、理化学研究所等の共同研究グループは血中遊離DNAに存在する突然変異を高精度に検出できる手法を開発したと発表した。 10/31 12:35

八千草薫さん(本名:谷口瞳)が10月24日午前7時45分に膵臓がんのため、都内の病院で亡くなったことを所属事務所が公式サイトで発表した。写真:八千草薫

八千草薫さん(本名:谷口瞳)が10月24日午前7時45分に膵臓がんのため、都内の病院で亡くなったことを所属事務所が公式サイトで発表した。 10/29 09:20

オートファジーの仕組み(写真:東北大学の発表資料より)

東北大学は11日、細胞内の有害物質を取り除く創薬手法の開発に成功したと発表した。 10/13 11:14

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • 開会式用公式服装姿を披露するアスリートたち
  • 画像はイメージです。
  • リサイクルペットボトルによる720mlペットボトル商品。(写真:サントリーグループ発表資料より)
  • ネイティブキャンプ英会話のイメージ。(画像: ネイティブキャンプの発表資料より)
  • 718 ボクスター GTS 4.0(画像: ポルシェの発表資料より)
  • 新型名阪特急「ひのとり」。(画像: KNT-CTホールディングスの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告