1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > 健康
  5.  > がん(1)

がんのニュース一覧

2020年のノーベル化学賞はドイツ・マックスプランク感染生物学研究所のエマニュエル・シャルパンティエ氏(フランス出身)と米カリフォルニア大学バークレー校のジェニファー・A・ダウドナ氏が共同受賞した。 10/08 17:23

メドゥーサウイルスと宿主が共存して進化することで、細胞核を獲得したとする説(画像:東京理科大学の発表資料より)

細胞と異なり、宿主の生物に感染することで増殖するウイルス。 09/12 16:01

研究の概要 (c) 東北大学

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9日、国際宇宙ステーション(ISS)でマウス実験を実施した結果、宇宙環境でのストレスによる加齢を阻止する遺伝子を突き止めたと発表した。 09/10 12:18

励起波長を変えることで、様々な深度のがん組織を観察することができる(画像: 山口大学の発表資料より)

ナノ医学という言葉を聞いたことがあるだろうか。 08/31 06:35

子宮頸部の正常組織(左)と子宮頸がん(右)。組織を切らずにがん診断が可能に。(写真:日本医療研究開発機構の発表資料より)

日本医療研究開発機構は23日、ヒト組織を切らずに子宮頸部を可視化する方法を開発したと発表した。 07/26 19:05

がんにおいては、最初にがん細胞が発生した場所とは違う場所に移動し、そこでがん細胞が増えていく「転移」が発生することが知られている。 06/02 18:49

映画監督の大林宣彦(おおばやし・のぶひこ)さんが肺がんのため、4月10日19時23分に東京都世田谷区の自宅で死去した。写真:大林宣彦監督

映画監督の大林宣彦(おおばやし・のぶひこ)さんが肺がんのため、4月10日19時23分に東京都世田谷区の自宅で死去した。 04/11 10:17

製パン大手の山崎製パンが、食パンでの臭素酸カリウム使用を再開することを発表した。 03/16 16:30

64Cu-セツキシマブ腹腔投与によるOpenPETのイメージ。左は、量研が開発したOpenPET(ヒトサイズ)。右は、64Cu-セツキシマブを腹腔投与し、OpenPETで撮像したマウス膵臓内の3 mm大の早期膵がん。(画像: 量子科学技術研究開発機構の発表資料より)

量子科学技術研究開発機構(量研)は10日、微小な膵がんの画像診断法を開発したと発表した。 03/14 17:04

エーザイ、3Qは売上が1.9倍に成長したレンビマを筆頭にグローバル品が成長して増収増益達成

柳良平氏(以下、柳):それでは私から、財務セクションについてご報告申し上げます。 03/12 08:29

研究の概要(写真:横浜市立大学の発表資料より)

横浜市立大学、米MD Anderson Cancer Centerの研究者から構成されるグループは、がん抑制遺伝子の機能を失ったがん細胞が、周辺の感覚神経を交感神経へと変え、がんの進展に寄与することを見出した。 02/18 08:21

今回の研究の概要(画像: 北海道大学の発表資料より)

北海道大学は1月31日、正常な細胞が、がん化の超初期段階にある突然変異細胞を、細胞競合により体外に排除する仕組みを解明したと発表した。 02/07 08:55

(画像: justInCaseの発表資料より)

少額短期保険会社の「異色商品」がまたしても発売され、注目を集めている。 02/04 16:04

研究の概要(写真:東京理科大学の発表資料より)

オプシーボに代表される免疫チェックポイント阻害薬は、がん治療において注目を浴びている。 02/03 08:43

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • エクリプスクロスPHEV(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • スズキ・クロスビー「HYBRID MZ」(画像:スズキの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告